★明星大学 日本文法2 PD2030 1,2単位目 2016 2015 2014合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数268
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 PD2030 日本文法2 2単位分 レポートです。
    ぜひ参考になさってください。
    ※2016 2015 2014 2013年度に対応しています。

    1単位目
    古典文法において、敬語の学習を指導する際の要点を、国語科教員の立場から説明しなさい。

    2単位目
    古典文法において、表面的には形が同じでも、識別に一定の知識を要する幾つかの場合について、国語科教員の立場から説明しなさ

    い。

    【参考文献】
    『標準古典文法』 市川孝、山内洋一郎監修(第一学習社)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PD2030 日本文法2
    1単位目 古典文法において、敬語の学習を指導する際の要点を、国語科教員の立場から説明しなさい。
    今回は古典文法において敬語の学習を指導する際の要点を,国語科教員の立場から述べていきたい。まず古典の敬語は3種類である。「尊敬語」,「謙譲語」,「丁寧語」であり,現代語と同じである。
    古典文法の敬語を扱う上で「敬意の方向」は欠かすことが出来ない要素である。
    通常,文は「主語」が「目的語」に「どう」する,のように書かれている。
    古典文法では,この「どう」するという動詞に,使われている敬語によって敬意の方向が変わるものである。動作をする者が身分が高い場合,筆者(あるいは話し手。以後は筆者とする。)は,尊敬語を用いて敬意を払う。
     尊敬語は「誰が」に対する敬意である。動作の主体を高める表現であり,通常「お~になる」「なさる」などと訳す。具体例を挙げていく。「おはす」は「いる」の尊敬語で「いらっしゃる」という訳になる。「のたまふ・のたまはす」は「言う」の尊敬語で「おっしゃる」という訳になる。
     これに対し,動作をする者は身分が高くなく,その動作を受ける者が身分が高い場合,
    ..

    コメント5件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。