★明星大学 法学2(日本国憲法) WE1020 1,2単位目セット 2016 2015 2014合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,079
ダウンロード数52
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧いただきありがとうございます。
    明星大学 WE1020  法学2(日本国憲法) 2単位分 レポートです。
    ぜひ参考になさってください。
    ※2016 2015 2014年度に対応しています。

    1単位目
    1-1 現代憲法の特色。
    1-2 国民の権利と義務。

    2単位目
    2-1 日本の国会が二院で構成される理由。
    2-2 司法権の機能と独立。

    【参考文献】
    『法学』北岡勲・児玉誠著(明星大学)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    WE1020 法学2(日本国憲法)
    1単位目
    1-1 現代憲法の特色。
    1-2 国民の権利と義務。
    1-1 1237
    我が国の憲法,日本国憲法は近代憲法の流れを汲み,社会権が含まれた現代憲法である。
    今回は現代憲法の特色について,近代憲法との違いを明確にしながら述べていきたい。
    まず,近代憲法の原理原則の主なものとして「国民主権」,「基本的人権」,「権力分立」がある。現代憲法はこれらを土台として成り立つ憲法である。
    近代憲法から現代憲法への転換として,19~20世紀初めにかけて,強要と財産を持つ人々による政治という考え方から,多くの人々が国政に参加すべきだとの考え方への転換が行われたことが大きい。
    ヨーロッパにおいては主要各国の軍事戦略の転換も背景にあり選挙権の拡大とともに,近代憲法の保障する人権が単に形式的な自由と平等を保障するにとどまり,真に人間らしい生活を保障する役割を果たしていないとの主張を広めるに従って,国家の役割についての考え方は大きな変化を遂げた。ドイツのワイマール憲法等,第一次大戦以降にヨーロッパ諸国で制定された諸憲法の権利宣言において,従来の個人レベルの自由権と並んで..

    コメント9件