luckchanさんの資料 / タグ / 法学部レポート対策

資料:180件

  • 民法;遺産分割と登記
  • 1.問題 Aの嫡出子であるBとCが相続開始の直後である6月13日に持分を2分の1ずつとする相続登記を行った。8月13日になってBとCの間の遺産分割協議が調い、問題の土地はBの単独所有とすることが決まったとする。Cが自己の持分をXに譲渡し、持分権移転登記を完了した場合のBとXとの..
  • 550 販売中 2005/06/27
  • 閲覧(1,101)
  • 生命倫理の一般論とそれが実際に問題となる場合について
  • 近代においては、人間中心主義、科学万能主義が発達した。そこでは自分の身体は自分の領域であり、したがって生命の自己決定権は明確にあった。しかし、現代においては科学が進歩し、自然と人間との関わりが変化したことで、人間万能主義・科学万能主義に疑問が生じている。例えば..
  • 550 販売中 2005/06/24
  • 閲覧(1,211) コメント(1)
  • 臓器移植の諸問題(骨髄移植のための子供を例にして)
  • 今回は、長女の骨髄移植のために子供(次女)をもうけることについて、親(夫婦)と子供(次女)の立場から、議論した。夫婦が「最後の手段」として、第2子のHLA型にかけたということからも分かる通り、このような問題が起こる原因の一つに、骨髄移植バンクがまだまだ充実してい..
  • 550 販売中 2005/06/24
  • 閲覧(1,147)
  • 憲法;訴訟と非訟
  • 憲法82条は公開の裁判を保障している。しかし、離婚訴訟や親子関係の事件などのように、プライバシー保護の観点から非公開が望ましい裁判に関して不都合が生じてしまう。 そこで、憲法32条の裁判を受ける権利は必ずしも公開裁判を保障しているわけではなく、また、常にすべて..
  • 550 販売中 2005/06/23
  • 閲覧(1,269)
  • 忌避権の濫用・判例を通じてその意義を知る
  • 適正・公平な裁判をするため、法は裁判官の任命資格を厳格に定めるとともに、その独立を保障している。しかし、具体的な事件における裁判の公正とこれに対する国民の信頼を確保するには、こうした一般的保障だけでは不十分である。 例えば、訴訟を起こしたところ、その裁判官を行..
  • 550 販売中 2005/06/23
  • 閲覧(1,173)
  • 民訴法:文書提出命令について
  • 公害・環境・医療事故・薬害・製造物責任等のいわゆる現代型訴訟では、証拠が一方当事者に偏在しており、そのことが事案の真相解明を阻む要因となっていた。確かに、旧法下でも利益文書・法律関係文書の範囲を拡張することにより、当事者間の証拠についての実質的平等を図っていた..
  • 550 販売中 2005/06/23
  • 閲覧(1,064)
  • 憲法;議員定数不均衡問題
  • 1 現行法上は一人一票の原則が保障されている。しかし、各選挙区の議員定数の配分に不均衡があり、人口数との比率において、選挙人の投票価値に不平等が生じている。 そこで、憲法は一人一票という投票資格の平等のみならず、投票価値の平等をも保障しているのかが問題となる。
  • 550 販売中 2005/06/23
  • 閲覧(1,984)
  • 民法;詐欺・錯誤・暴利行為
  • 一 XがYとの間の契約をなかったことにするために考えられる法律上の根拠としては、a詐欺(96条)、b錯誤(95条)、c暴利行為(90条)が挙げられる。以下、これらにつき検討する。  a詐欺(96条) 1 XはYの詐欺による取消を主張することができるか。 (1) 詐欺と..
  • 550 販売中 2005/06/23
  • 閲覧(2,066) コメント(1)
  • 憲法;検閲禁止について
  • 1 「検閲」とはいかなる場合を指すか。その主体・対象・時期をどのようにとらえるかが問題となる。 2 まず、歴史的に見て、表現の自由の侵害者は行政権であることが多く、それを防止する必要がある。したがって、検閲の主体は行政権であると解する。  また、審査の対象を思想内..
  • 550 販売中 2005/06/22
  • 閲覧(1,920)
  • 憲法;報道の自由
  • 報道の自由は憲法21条の表現の自由の保障に含まれるか。報道は事実を知らせるものであり、特定の思想を表明するものではないことから問題となる。  思うに、事実の伝達と思想や意見の表明を厳密に区別することは難しい。また、報道 をなす際には、報道内容の編集という知的な..
  • 550 販売中 2005/06/22
  • 閲覧(1,614)
  • 憲法;知る権利
  • 国民が自由に情報を受け取るという意味での知る権利は憲法21条1項によって保障されるか。表現の自由が本来思想・情報を発表し、伝達する自由であることから問題となる。  思うに、21条が表現の自由を保障した趣旨は、表現の自由が自己実現、自己統治の ために不可欠の前提..
  • 550 販売中 2005/06/22
  • 閲覧(2,282) コメント(2)
  • 刑法;修正された構成要件(未遂・予備)
  • 構成要件は、1人に人間が単独で犯罪を実現する場合(単独犯・既遂犯)を原則型としている。例えば、殺人罪(199条)の構成要件は「人を殺した」と定められている。 しかし、現実における犯罪の形態は多種多様で、こうした単独犯・既遂犯の型だけで到底処理できるものではない。そこで..
  • 550 販売中 2005/06/21
  • 閲覧(1,442) コメント(1)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?