luckchanさんの資料 / タグ / 法学部レポート対策

資料:180件

  • 司法審査の対象
  • 裁判所法3条1項は、「裁判所は、日本国憲法に特別の定のある場合を除いて一切の法律上の争訟を裁判し、その他法律において特に定める権限を有する」と規定している。  「法律上の争訟」とは、具体的事件性を有し、かつ、法律の適用による解決可能性があるものをいうと解されてい..
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(1,505)
  • 取消訴訟の種類とその周辺
  • 1 取消訴訟の種類と相互関係 取消訴訟の種類としては、a「処分取消しの訴え」(3条2項)すなわち、原処分の取消しを求めるものと、b「裁決の取消の訴え」(3条3項)すなわち、原処分に関する行政上の不服申立てに対する裁決・決定等の取消しを求めるものがある。これらが共に..
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(927)
  • 情報公開・個人情報保護法についてのまとめ
  • 1 情報公開の理念 個人情報の不適正な取扱いによる個人の権利利益の侵害を未然に防止するため、国の行政機関・独立行政法人等が個人情報の取扱いに当 たって守るべきルールを定めたものである。 行政手続法と比較すると、まず共通する点として、共に行政の公正さ・透明性の確保..
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(2,102) コメント(1)
  • 行政不服申立についてのまとめ
  • 1 行政上の不服申立て制度のメリット・デメリット 行政上の不服申立て制度のメリットとしては?簡易迅速な救済制度が可能であること、a行政処分の妥当性まで判断できる(適法・違法のみならず、当・不当についても判断できる)こと、b行政機関は誤った処分をしないよう気をつける..
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(3,206)
  • 行政手続法についてのまとめ
  • 序 行政手続法とは 行政手続法は、a許認可等の申請に対する処分の手続、b不利益処分の手続、?行政指導の手続、c届出の手続きについて、行政機関と国民・事業者との間の共通的なルールを定めた法律である。以下その特色や手続関係者、権利義務等について概観する。 1 行政手続法..
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(1,278)
  • 国家賠償と損失補償の谷間の問題
  • 適法行為による財産権以外の侵害の他に、(1)違法行為であるが、無過失の場合、(2)設置・管理無瑕疵の場合がある。 (1)違法・無過失の場合について 公権力の行使に当たる公務員の行為が違法ではあるが無過失の場合である。 国家賠償法1条は少なくとも文言上は、公務員..
  • 550 販売中 2006/02/11
  • 閲覧(2,683)
  • 新訴訟物理論の問題点とその克服(高橋説)について
  • 新訴訟物理論は、例えば不法行為に基づく損害賠償請求権(民法709条と民法415条(債務不履行)に基づく損害賠償請求権が存在する場合、不法行為・債務不履行は法的観点(攻撃防御方法)に過ぎず、訴訟物はこれから切り離されている法的地位であると考える。そのため、法的観..
  • 550 販売中 2006/01/13
  • 閲覧(1,478)
  • 訴訟物論争について
  • 訴訟物とは審判の対象となる権利関係のことをいう(狭義の訴訟上の請求)。 法は、裁判所は当事者の申し立てた事項についてのみ審判できる(民事訴訟法246条)と規定しているところ、訴訟物が特定されなければ裁判所は審理を開始することができない。この趣旨は当事者の不意打..
  • 550 販売中 2006/01/13
  • 閲覧(4,596) コメント(1)
  • 行政法・行政裁量についての考察〜最判平成8年3月8日判決を素材として
  • 1.事案の概要と裁判所の判断 Xが通う公立高専においては剣道が必須科目とされていた、Xは「戦いを学ばず」という教えのあるエホバの証人の信者であったため、格技たる剣道には参加できないとして、代替措置を求めたところ、学校側はそれを認めなかった。そして、Xは単位不十..
  • 550 販売中 2006/01/13
  • 閲覧(1,118)
  • レポートの書き方
  • レポート作成の基礎知識  出典をはっきりさせることは、レポートの基本である。 引用したら出典をはっきりさせる必要がある。出典の書き方としては以下の3つが基本的である。 (a) 「・・・である」(甲野乙助『日本経済』1996, 日本評論社,P.34)。 (b) 「・・・である」(2)。..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(115,523) コメント(1) 1
  • 18歳選挙権の是非
  • 世界的に見て18歳選挙権は実現されているのだろうか。日本民主青年同盟の調査によると、現在18歳選挙権は、世界的には常識のものであるとのことである。世界191か国中、すでに144か国で18歳選挙権(一部は15〜17歳)が実施されており、サミット参加国の中を見ても、..
  • 550 販売中 2005/06/29
  • 閲覧(4,686)
  • 金融法の展開
  • 1980年代、日本の経済は絶頂期だった。その絶頂期の中で、金融機関が融資の際に抵当権制度を積極的に利用した。 ところが1990年代にバブル経済は崩壊し、急激に低成長経済になった。 そこで、各金融機関が多額の不良債権を抱えるようになっていき、不良債権の処理が大き..
  • 550 販売中 2005/06/27
  • 閲覧(679)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?