S8102教育心理学1

閲覧数1,309
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 9ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    児 童期、青年期において社会的認知( 社会性の発達、対
    人関係( 親・仲間)) の拡がり、自己意識などがどのよう
    に変化するかをまとめよ。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8102 教育心理学1 第1設題
    (1)
    児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対
    人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのよう
    に変化するかをまとめよ。
    Ⅰ . 児 童 期
    ( 1 ) 仲 間 関 係 の 広 が り
    就学とともに学校という新しい生活空間を得たことに
    よって、子どもの対人関係は大きく変化する。初めて学
    校に足を踏み入れた子どもは、大規模な集団に驚き、上
    級生の存在を脅威に感じるかもしれない。また、学級で
    は教師の行動や態度に同調したり、集団規範に従うこと
    や何らかの役割を果たすことが求められる。こうした新
    しい体験からの不安を解消しようとして、子どもはまず
    学級集団のリーダーである教師との関係を結び、それに
    依存しようとする。しかし、しだいにおとなたちを介し
    た一時的な遊び相手としてではなく、子どもどうし互い
    S8102 教育心理学1 第1設題
    (2)
    に結びつきを積極的に求めるようになる。やがて、子ど
    もにとって仲間関係が心理的に占める割合は、親や教師
    との関係を超えるものとなる。
    小学校中学年になると...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。