S8101教育原論1

閲覧数1,270
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 9ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    ハ ヴィガーストの発達課題について述べよ。
    人の生涯にわたる発達については大きく分けて二つの
    理論がある。一つは、人の成長は段階的に発達するとい
    うもので、年齢との関わりが見いだされているステー
    ジ・セオリーであり、もう一つは...

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8101 教育原論1 第1設題
    (1)
    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    人の生涯にわたる発達については大きく分けて二つの
    理論がある。一つは、人の成長は段階的に発達するとい
    うもので、年齢との関わりが見いだされているステー
    ジ・セオリーであり、もう一つはライフ・イヴェントす
    なわち人生における出来事を中心に、人格の発達や人の
    成長を考えようとするものである。
    ハヴィガーストの理論は、前者のステージ・セオリー
    に属する。ハヴィガーストは、発達課題を体系的に論理
    化し、教育を結び付けて考察を深め『人間の発達と教育』
    を著した。発達課題という言葉は、1930年代半ば、アメ
    リカにおいて中等教育の問題と目標を解明しようとする
    過程で用いるようになったとされている。ハヴィガース
    トの発達課題は、1940年代から50年代にかけて、アメ
    リカの教育界で活用され、その後も教育界ならびに教育
    S8101 教育原論1 第1設題
    (2)
    者に大きな影響を与えてきた。社会・文化の違いによっ
    て、必ずしも現代社会に当てはまるとはいえないが、人
    の一生の発達課...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。