連関資料 :: 特別活動研究 01

資料:74件

  • 特別活動研究
  • 「特別活動研究」 第1設題 4枚(横書き) 中学校または高校の学級活動において、学級担任としての始動に際しての留意事項を三つ以上挙げ、自分が中学校または高校の学級担任であると想定して、それぞれの留意事項について、具体的にどのような取り組みをするのかを、実践の場を想定して記述せよ。なお、具体的取組例については、対象学年を明示すること。  まず、1年次の1学期に求められるものは生徒それぞれがお互いを理解し、分かり合うことが重要である。入学したての1年では、それぞれ異なる学校から集まってきた生徒も多く含まれている。互いに牽制しあう者もあれば、なんとか新しい友人を作ろうと考えている者も多い。そんな生徒たちの考えをくんで、スポーツ大会を行うのがよい。団結力を深めるためには、音楽会やコーラス大会などもよいのではないかと考えられるが、音楽関係はある程度のまとまりがはじめから無いと、より強い団結力は望めない。特に男子生徒は恥ずかしがったりして、容易に参加しようとしない恐れがある。その点スポーツでは、男子生徒は大いに盛りあがり、クラス対抗などにしようものならはりきる生徒も多い。当然、本番の試合に向けて練
  • 佛教大学 特別活動研究1
  • 550 販売中 2008/08/06
  • 閲覧(1,301)
  • 特別活動研究1
  • 特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる「勤労生産・奉仕的行事」の活動例をひとつ示しながら、中学生および高校生を指導する際に注意すべき点を具体的に説明したリポートです。
  • 特別活動 勤労生産 奉仕的行事 活動例 佛教大学
  • 550 販売中 2011/08/26
  • 閲覧(1,460)
  • 特別活動研究
  • 小学校から高等学校までの12年間を通して、当時はあまり意識することはなかったが、各教科だけでなく、特別活動でも多くの時間をすごしてきた。その中で学んできたこも数多くある。いまだ強く私の中で印象に残っている中学校時代の奈良・京都の修学旅行を例に挙げながら、特別活動の目標、教育的意義、さらに他の領域との関連を考えていきたいと思う。  中等教育における特別活動は学習指導要領によれば、学級活動、生徒会活動、学校行事の3つの内容からなる。その目標は、「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団や社会の一員としてよりよい生活を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、人間としての生き方についての自覚を深め、自己を生かす能力を養う」とある。学級での活動だけでなく学級、学年の枠を超えた集団活動を通して生徒ひとりひとりが様々な集団に所属し活動することで、生徒の人間関係が多様になり、生活経験が豊富になることに意義がある。この集団には一定の目標があり、それを達成するために、生徒自らの活動の計画を立てて実践していく。この集団で、好ましい人間関係を形成するために必要な能力
  • 特別活動の研究 東洋大学 通信教育課程
  • 550 販売中 2008/03/17
  • 閲覧(1,324)
  • 特別活動研究 設問
  • 「学級活動は、特別活動の基盤であるといわれています。その意味を学級活動の内容(1)の中の「生活上の諸問題を解決する活動」に関する活動内容と、児童甲斐活動の活動内容とを関連づけて述べなさい。」 学級活動とはどのような活動をさすのであろうか。 『小学校学習指導要領』(文部省 平成10年12月)には、「学級活動においては、学級を単位として、学級や生活の充実と向上を図り、健全な生活態度の育成に資する活動を行うこと」となっている。 そして、そこには①学級や学校の生活の充実と向上に関すること、②日常の生活や学習への適応及び健康や安全に関すること。と書かれている。 また、学級活動において生活上の諸問題を解決
  • 特別活動研究 第一設題 佛教大学 通信教育
  • 550 販売中 2008/07/06
  • 閲覧(1,070)
  • 特別活動研究 第設題
  • 「中学校(高校)における学級活動の留意事項についてまとめてください。」  特別活動において、学級単位で行われるのは、学級活動だけである。  したがって、学級担任が指導し、学級活動を効果的に行うためには、学級内における児童・生徒と学級担任間の人間関係の形成がされていなければいけないと考えられる。  学級担任が、児童・生徒と指導の場だけに留まらず、すべての学校生活の場において、児童・生徒と時間と場所を共有することにおいて、相互的に理解をして、相互的な人間関係が形成されるようになると言える。  学級活動の内容を達成していくためには、学級担任とその学級内の児童・生徒間における人間関係を中心に、その基盤となる「学級づくり」に努めなければならないと考えられる。  学級活動を展開していく上において、その中心となる活動は、「学級討議」である。  児童・生徒が円滑に目的達成の為に討議を進めていくには、十分な指導が必要であると考えられる。  学級討議を行う上で、重要なことは、「議題の決定」、「議決と少数意見の尊重」、「議決から実践へ」という3点である。  「議題の決定」においては、「児童・生徒主体型と教師
  • 教師 学校 児童 スポーツ 生徒 特別活動 問題 人間 指導 特別活動研究 第一設題 仏教大学 中学校(高校)における学級活動の留意事項についてまとめてください。
  • 550 販売中 2009/02/10
  • 閲覧(1,677)
  • 特別活動研究 単位目
  • 2、戦後の教育課程の変遷で、教科外教育活動がどのように位置づけられてきたか、についてまとめなさい。 評価A  戦後の教育課程の変遷で、特別活動といわれる教科外の教育活動は、時代の発展とともにその位置づけにも変化がみられる。  1947年の学習指導要領一般編の場合、教科外の教育活動に関しては、必ずしも、まとまった形では語られていない。しかし、自由研究の時間が新しく設けられた。これには、新しい道徳と倫理について述べた所で、民主主義的集団意思決定の方法を学ぶために、学校内に小型の議会や委員会を作ることや演劇、スポーツなどの集団活動の場を設けることを説いている。つまり、児童会や生徒会、クラブ活動などに相当するものについて、いろいろと触れているのである。したがって、この自由研究という教科は、現在の特別活動の原点のひとつと言っていいだろう。  1951年の学習指導要領一般編になると、自由研究教科がなくなって、その代わりに教科以外の活動という時間が設けられた。教科以外の活動は、児童の望ましい社会的行動の発達に寄与し、道徳教育の目標にも合致するものとして捉えられたのである。この年によって初めて、「特別
  • 日本 社会 学校 道徳 学習指導要領 特別活動 活動 地域 教育課程
  • 550 販売中 2008/05/11
  • 閲覧(1,997)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?