連関資料 :: 法学2

資料:115件

  • 【2012】【明星大学】【法学(日本国憲法)】合格レポート(1単位目)
  • 2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。 ※ 2013年度のレポート課題と、2012年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2013年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。 【課題】 1.憲法の意義と近代憲法の原則 2.憲法22条1項の居住・移転の自由と職業選択の自由   また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。 ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/
  • 1単位 明星大学 法学2 合格 レポート 2012 歴史 日本 小学校 中学校 教職 学校 教師 社会 教員 大学 課題
  • 550 販売中 2013/04/23
  • 閲覧(3,760)
  • 法学2課題 法と道徳は峻別しなければならないとする考えについて論じなさい 合格レポート
  • 法と道徳は、どちらも社会秩序を支え人々の行動を規制する代表的な社会規範であるが、その関係は様々であり、『右の頬を打たれれば左の頬もさしだせ』という道徳規範や、右側通行か左側通行かに関する交通法規のように、法と道徳が相互に無関係な領域もある。これに対し、『人を殺してはいけない』といったような、法でもあり人間の道徳でもある領域、言い換えれば、法には道徳に裏付けられたものとそうでないものとがある。それでは両者の根本的な相違点はどこにあるのであろう。 第一に、法は人間の外面的な行為に関する規範であるが、道徳は人間の内心に関する規範であるという見解がある。しかし、法の関心が外面性のみに向けられ、道徳のそれは単に内面性のみに無冠規範であるとは言い切れない。法もまた人の内心の意思にかかわりを持つことが少なくないし、他方、道徳の場合も人間の外面的行為と関係を持つことが少なくないからである。 第二に、両者の区別を法的義務の双務性と道徳的義務の片務性に求める見解がある。すなわち、法的義務は特定の権利者を相手方として予定するが、道徳的義務の場合は義務履行の相手方として特定の者がなく、良心に対する義務というよ
  • 道徳 社会 問題 人間 国家 技術 権利 理論 近代 義務
  • 550 販売中 2009/09/11
  • 閲覧(4,144)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?