連関資料 :: 法学2

資料:115件

  • 法学
  • 評価A 設題「日本国憲法に定める自由権、とりわけ精神的自由権について詳述せよ。」  日本国憲法は日本が1945年8月14日、ポツダム宣言を受諾し1947年5月3日に施行された。日本国憲法では国民主権、基本的人権の尊重、平和主義を基本原則として定められた。日本国憲法第13条上段において「すべての国民は、個人として尊重される。」とあるように、利己主義ではなく、同じ人間として互いに尊重し合って共存していこうという考えの個人主義が、日本国憲法の根底である。  日本国憲法で定められている自由権には精神的自由権、経済的自由権、身体的自由権等に分類されている。経済的自由権では職業選択の自由、居住移転の自由、海外と渡米の自由があり、身体的自由では法廷手続きの保障、刑罰の内容の保障、刑事裁判手続き上の保障が ある。本レポートではとりわけ、精神的自由権について詳述していく。精神的自由権には主に4つの自由について定められている。  1つ目に思想、良心の自由がある。これについては憲法第19条に定められており、簡単に述べると、心の中で考えることは自由であり、国家権力によって不利益を与えられることはないということである。江戸時代ではキリスト教禁止令が定められ、キリスト教信者を発見するため、イエス・キリストや聖母マリアが彫られた板を踏ませる踏絵が行なわれた。このように日本ではかつて治安維持によって思想そのものが弾圧された。
  • 憲法 日本 宗教 経済 キリスト教 社会 学校 政治 自由権 保障 政教分離 表現の自由
  • 660 販売中 2019/08/21
  • 閲覧(2,223)
  • 法学 分冊2
  • ご注意:検索キーワードは当該資料に関連のありそうな語句を記入しております。当該資料がキーワードを全て網羅しているという意味ではございません。また、当資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願いいたします。
  • 日大 日本大学 通信教育部 教職 教職課程
  • 880 販売中 2011/03/18
  • 閲覧(993)
  • 法学分冊)
  • 法とは社会規範の一種であり、そのうちでも特に社会秩序を対象としている点に特徴がある。そこで、法が存立の基礎としている「社会」とはどのような意味だろうか。  社会という言葉を簡単に定義すれば「人の集まり」である。2人の場合でも、それでも法の基盤となる社会といえる。なぜなら、2人しかいない場合にも、それが円滑に活動するには、秩序が必要だからである。そしてその秩序を支えるのが法だからである。    我々日本人は、日本という一つの大きな社会の構成員である。この法の一番基本となる社会を「全体社会」と呼ぶ。その一方で、日本には、ある大学の教師と学生で作られる集団とか、官庁や会社における職員の集団とか、家庭やクラブのような小さな社会も存在している。このように、全体社会に含まれていて、その一部をなしている社会のことを「部分社会」と呼ぶ。  複合的に全体社会や部分社会があり、それぞれの社会ごとに法規範が発生する。すると、その社会の一つの法規範が、他の法規範と食い違うことが、当然起きてくる。例えば日本という全体社会では、殺人は禁じられている。これに対し、その部分社会であるやくざの社会では、自分の組織に敵対
  • 日本 社会 国家 問題 規範 組織 自由 集団 裁判
  • 550 販売中 2008/06/04
  • 閲覧(1,335)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?