【佛教大学】 教育方法学 S5194 科目最終試験 2020年

閲覧数891
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【教育方法学 科目最終試験】 S5194  合格済み

    【問題】
    多様な思考スタイルや学習意欲を有する学習者が存在し、学習に対する意欲や態度はさまざまである。このような中で小学校の児童に対して、学習者主体の学習を実践するための教育方法・技術を書きなさい。

    【参考文献】
    新しい教職教育講座 教職教育編⑩教育の方法と技術
    篠原正典著 荒木寿友著
    ミネルヴァ書房

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1. 多様な思考スタイルや学習意欲を有する学習者が存在し、学習に対する意欲や態度はさまざまである。このような
    中で小学校の児童に対して、学習者主体の学習を実践するための教育方法・技術を書きなさい。
     
     
    National Training Laboratories
    の学習ピラミッドによると、学習者は講義を聞くだけでは、その
    5
    %しか記憶に
    残らないとされるが、グループ議論では
    50%
    、実践することで
    75%
    、他者に教えることで
    90%
    の記憶が残る
    とされる。子どもたち自身が授業に参画し、主体的に学ぶことが重要であることは自明である。
    しかしながら、小学校の児童にとって自ら主体的に学びを進めるということは容易なことではなく、教員が
    教育方法や技術を学び、授業で実践していくことが求められる。
    自ら学びたいという内発的動機付けのためには、子どもたちの「知的好奇心を引き出す授業」を考えなけれ
    ばならない。子どもたちが関心のあることに対してもっとたくさんの新しい情報を得たいという「拡散的好
    奇心」を引き出すことも重要だが、子どもたちがすでに持っているあいまいな知識に、教師が揺さぶりをか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。