★明星大学 特別活動の指導法(中高) PC3030 科目試験対策 過去問解答例

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数838
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧いただきありがとうございます。

    明星大学 PC3030 特別活動の指導法(中高)科目試験対策の過去問および解答例です。(合格解答もこの中に含んでいます。)
    このレポートは過去問7題に対応していますが,重複する問題が多い印象ですので,
    この解答例と自分のレポートを覚えれば十分であると判断し試験に臨みました。1回で合格しています。
    ぜひ参考になさってください。

    ※2013~2015に実施された科目試験の過去問は重複しているものが多いです。

    【参考文献】
    『第2版 特別活動の展開』 鯨井俊彦編著(明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★★PC3030 特別活動の指導法(中高)
    ★特別活動とその他の教育活動とを比較して、特別活動のもつ教育的意義について述べなさい。(2013、2014 他)
    特別活動とは、「集団活動を通して生徒の人間形成を図ろうとする教育活動のこと]である。特別活動はその重要な場や機会として、通常の教科指導では扱えない部分を指導する役割が大きく、望ましい集団生活や体験的な活動を通して、実際の社会で生きてくる社会性を身に付けるなど、生徒の人間形成を図る教育活動である。
    インターネット社会の到来もあり、複雑で変化の激しい社会である現代において、都市化、少子高齢化、核家族化などの影響により地域社会の人々との交流はかなり疎遠になってきている。通常生活しているだけでは、学校関係、家族以外の人々と接する機会はあまりない。それによって対人コミュニケーション能力の低下、他者への思いやりの欠如、公共性の欠如、など懸念される点が多く浮かぶ。
    そういった現状を踏まえ、特別活動では、「学級活動」「生徒会活動」「学校行事」の3つの領域から、様々な活動や体験を通して、学ぶ機会がある。
    多くの人の話しを聞き、多くのものに触れ、通常..

    コメント6件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。