★明星大学 中等教育課程論 PC3010 科目試験対策 過去問解答例

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数465
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 PC3010 中等教育課程論 科目試験対策の過去問および解答例です。

    8題分の過去問解答例です。合格解答もこの中に含んでいます。
    教科書などでしっかり勉強しないと合格判定がもらえません。

    私はこの解答例と自分のレポートを覚えて試験に臨み、2回目で合格しています。
    (時間が経っているものは最近手直ししています。勉強中に学習した教育用語も含んでいます。)
    ぜひ参考になさってください。

    ※2013~2015に実施された科目試験の過去問は重複しているものが多いです。

    【参考文献】
    『現代教育課程入門』鯨井俊彦・青木秀雄・林幹夫編著(明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PC3010中等教育課程論 科目修了試験
    ●平成20(2008)年の学習指導要領の改訂の基本的な考え方や主な改善事項についてまとめてください。(2014/6月/巣鴨)(2015/6月/巣鴨)(2015/2月/日野)(2014.上期)(2014.下期)
    平成20年の学習指導要領改訂について,基本的な考え方の柱となる方針は次の6つである。
    1つ目は「生きる力」という理念の共有
    2つ目は基礎的・基本的な知識・技能の習得
    3つ目は思考力・判断力・表現力等の育成
    4つ目は確かな学力を確立するために必要な授業時数の確保
    5つ目は学習意欲の向上や学習習慣の確立
    6つ目は豊かな心や健やかな体の育成のための指導の充実
    上記の基本的な方針に沿って,各種改善が実施された。キーワードとして「生きる力」,「確かな学力」,「豊かな心,健やかな体の育成」などがある。「ゆとり教育」の基本理念であった「生きる力」とは,平成20年の改訂についても, 国際的な学力調査や国内における学力調査の結果を受けて巻き起こった「学力低下」問題を背景として,理念の共有が引き続き重要とされている。OECDが「知識基盤社会」の時代に必要とさ..

    コメント7件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。