★明星大学 特別活動の指導法(中高) PC3030 1,2単位目セット 2014合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数682
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧いただきありがとうございます。
    明星大学 PC3030 特別活動の指導法(中高)  2単位分 レポートです。
    ぜひ参考になさってください。
    ※2014.2013年度に対応しています。

    1単位目
     なぜ、中学校教育の中で特別活動が必要なのか、その教育的意義について述べよ。
    2単位目
    2-1.中学校の学級活動のねらいや特質についてまとめなさい。また,学級活動の内容としてあげられている

    次の(1)(2)(3)の三つについて,あなたならどのように展開するかを解説しなさい。
    (1) 学級や学校の生活づくり
    (2) 適応と成長及び健康安全
    (3) 学業と進路
    2-2.生徒会活動,学校行事,それぞれのねらいや特質とその指導上の留意点について述べなさい。

    【参考文献】
    『第2版 特別活動の展開』 鯨井俊彦編著(明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★特別活動PC3030
    1単位目
    なぜ,中学校教育の中で特別活動が必要なのか,その教育的意義について述べよ。
    今回は特別活動の狙い,目的と教育的意義について考えていきたい。
    まず,特別活動とは,集団活動を通して生徒の人間形成を図ろうとする教育活動のことである。インターネット社会の到来もあり,複雑で変化の激しい社会である現代において,都市化,少子高齢化,核家族化などの影響により地域社会の人々との交流はかなり疎遠になってきている。
    通常生活しているだけでは,学校関係,家族以外の人々と接する機会はあまり無い。
    それによって対人コミュニケーション能力の低下,他者へのおもいやりの欠如,
    公共性の欠如,など懸念される点が多く浮かぶ。
    そういった現状を踏まえ,特別活動では,さまざまな活動や体験 を通して,学ぶ機会がある。
    多くの人の話しを聞き,多くのものに触れ,通常の学級内容では味わえない刺激を受け,最終的には生徒自身が自分の生き方などについて学ぶ体験的な場というのが特別活動の役割であり特質でもある。
    特別活動はその重要な場や機会として,通常の教科指導では扱えない部分を指導する役割が大きく,望ましい..