全ての資料 / タグ / 心理学

資料:1,425件

  •   両側性転移
  • 目的  私たちは日常生活の中でさまざまな動作とスムーズに行っている。運動は,多くの場合,視覚的情報を適切に利用することによって遂行される。例えば本棚から本を取るとき,目を閉じて取りたい本を取ることができるだろうか?このことからわかるように本をとるためには手を目的..
  • 550 販売中 2006/07/09
  • 閲覧(42,677) コメント(8)
  •   ミュラー・リヤー錯視における矢羽の鋏角が錯視量に及ぼす影響
  • 要約 ミュラー・リヤー図形における矢羽の角度と錯視量の関係を検討した。大学生1名を被験者とし、矢羽の鋏角が異なる5種類の矢羽図形を用いて、被験者調整法によって錯視量を測定した。矢羽の鋏角が大きいほど錯視量が大きくなるという結果が得られたが、予想よりも正方向にシ..
  • 550 販売中 2006/04/12
  • 閲覧(40,021) コメント(4)
  • 鏡映描写学習における両側性転移の影響
  • 問題と目的 身体運動と知覚は相補的に働き、協働して環境に適応的な行動を起こすことがある。この時、運動と知覚の間に協応があるという。スポーツや筆記など、我々の身の回りには運動と知覚の協応を必要とする行動はたくさんあり、これらは初めから運動と知覚が協応していたので..
  • 550 販売中 2006/04/14
  • 閲覧(39,243) コメント(11)
  • 触二点閾
  • 触二点閾  コンパスなど先の尖った物で皮膚の表面に触れる時、先端の2点の間隔がある程度以上に広ければ2点と感じられるが、間隔が狭いと1点のように感じられる。  この内、ふたつの刺激の強さや性質を区別し感じうる刺激差の最小の精度を指すものを弁別閾という。閾とは、光や音..
  • 550 販売中 2006/06/16
  • 閲覧(38,150) コメント(6)
  • 重量感覚のレポート
  • 重量感覚 2つの刺激を比較して、一方が他方よりも大きいか小さいかを区別する ためには両方の刺激の間にある程度の差がなければならない。2つの刺 激が区別出来る最小の値を求める実験を行った。56gと112gの2条件 の錘を使い、標準刺激に対して「重い」「等しい」「軽い」かを..
  • 550 販売中 2007/11/28
  • 閲覧(34,318)
  • 錯視実験のレポート
  • 1,目的  錯視とは、視覚による錯覚であり、対象物の大きさや形が実際とは違って知覚されることである。大きさの錯視の代表的なものに、ミュラー・リヤー錯視がある。ミュラー・リヤー錯視とは、実際には斜線の間の線分の長さは同じだが外向きの斜線に挟まれた場合は、内向きの斜..
  • 550 販売中 2005/12/13
  • 閲覧(32,133) コメント(27)
  • 心理学実験レポート ストループ効果
  • 目的 一般的に、心理的な葛藤(conflict)とは、同時に満足させることが困難な要求や衝動が、同じくらいの強さで個人内部に存在し、行動を決定することが出来ない状態のことである。Lewin.K(1935)によれば、この葛藤には3つの基本形が存在する。第一に、同じくらい魅力的な対象が..
  • 660 販売中 2007/01/08
  • 閲覧(32,104) コメント(3)
  • 自由再生と系列位置効果
  • 目的  試験時には、ある程度の情報を覚え、そして思い出さなければならない。記憶には情報を覚えこむ符合化、情報を保持する貯蔵、情報を思い出す検索の3つの過程があり、試験の際に問われるのはこのうち主に検索である。論文試験をイメージすると分かりやすいかもしれないが、試験..
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(31,262) コメント(1)
  • 家族の機能
  • 家族は社会や個人に対して、さまざまな働きをしている。そうした働きのことを「機能」といい、  伝統的な家族の機能は大きく五つに分かれる。  1性的機能―結婚制度は、婚外の性を禁止し性的な秩序が維持する。また子どもを産むことによって、社会の新しい成員を補充する。  2社..
  • 550 販売中 2010/08/04
  • 閲覧(30,994)
  • 心理学実験レポート 社会心理学(印象形成)
  • 目的 今回の実験では印象形成の中心的特性の効果、つまり中心的特性が実在人物の初期印象に対して及ぼす効果について検討することを目的とした。 印象形成とは、対人認知の主要な側面のひとつであり、容貌・声・身振り・風評など、他者に関した限られた情報を手がかりとして、その..
  • 660 販売中 2007/05/17
  • 閲覧(28,133) コメント(1)
  • 重さの弁別閾
  • 感覚・知覚の研究にとって、それぞれの感覚系がどれほどの感度や精度をもっているかを知ることは重要である。このうち、2つの刺激の強さ(たとえばたとえば明るさの差)や性質の区別(たとえば色の違い)を感じうる最小の刺激差(たとえば明るさでは光の強度差、色では波長差)の精度を..
  • 550 販売中 2005/07/04
  • 閲覧(25,390) コメント(53)
  • ミュラーリヤーの錯視
  • わらわれに見えているままの世界と物理的世界とは同じではない。このことを端的に示す事実のひとつとして、いわゆる錯視現象がある。そこでは、知覚的に見られた関係と物理的に測られた関係とが一致しないことが問題となる。このような不一致の程度(錯視量)調べることを目的にミ..
  • 550 販売中 2006/10/30
  • 閲覧(24,374) コメント(6)

資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告