ぶーにゃんさん累積訪問者(295,636名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:117件

  • 会社法Ⅱ 新株の不公正発行
  • 会社法Ⅱ  新株発行  問題)株式公開会社である甲株式会社(授権株式総数2000万株、発行済株式総数1 000万株)が乗っ取りを専門とするBから株の買い占めをされた上、経営権の譲 渡を要求された。そこで甲会社は取締役会決議の上、授権枠残り1000万株を利 用し
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(1,958)
  • 会社法Ⅰ 会社倒産-破綻処理手続
  • 会社法Ⅰ  会社倒産-破綻処理手続  問題)(1)会社の倒産とは何か。会社はなぜ倒産するか。自分の考えを述べよ。  (2)A商社の営業マンBは、担当取引先の建設会社C社の経営が危ないという 噂を耳にした。A社はC社に対して売掛金債権1000万円があり、販売し
  • 550 販売中 2008/01/23
  • 閲覧(643)
  • 会社法Ⅰ 株主総会-議決権の代理行使
  • 会社法Ⅰ  株主総会-議決権の代理行使  問題)A株式会社の定款では、議決権行使の代理人資格を株主に限定しているが、以下 の場合に当該株主総会決議の効力は有効か。  (1)株主Bは病気で総会に行けなかったので、代わりに非株主である妻Cが議決権を 行使した。
  • 550 販売中 2008/01/23
  • 閲覧(4,260)
  • 会社法Ⅰ 監査役-妥当性監査
  • 会社法Ⅰ  監査役―妥当性監査  問題)A社は取締役会決議により、明らかに過大な設備投資(新規出店)を行い、その 後借入金を弁済できず、倒産した(会社更生法適用申請)。A社の監査役Bらは、 会計監査は行ったが、業務の内容に関する監査のうち妥当性監査は行わなかっ
  • 550 販売中 2008/01/23
  • 閲覧(2,068)
  • 会社法Ⅰ 取締役会決議と特別利害関係
  • 会社法Ⅰ  取締役会決議と特別利害関係  問題)代表取締役の解任に関する取締役会決議において当該取締役は議決権行使ができ るか。  1.総論  2.商法260条の2第2項  (1)判例(肯定説)  (2)否定説  (3)検討  1.総論  株式会社の業務執行は
  • 550 販売中 2008/01/23
  • 閲覧(7,181)
  • 会社法Ⅰ 代表取締役の代表権濫用
  • 会社法Ⅰ  代表取締役の代表権濫用  問題)甲株式会社の資産総額は1000億円であり、甲社の内規によれば、20置く円 以上の借り入れには取締役会の決議が必要であるとされている。甲会社の代表取 締役Aが甲会社を代表して乙銀行と以下の取引をした場合、それぞれの取引
  • 550 販売中 2008/01/23
  • 閲覧(3,894)
  • 可罰的違法性の理論と判例
  • 刑法総論  犯罪論-違法性  「可罰的違法性の理論と判例」  1.総論  違法性の本質については結果無価値論と行為無価値論との争いがある。結果無価値論と は、違法性の実質を「法益の侵害ないしその危険性を生じさせた結果」と理解する見解で ある。行為の結果に着目し
  • 550 販売中 2007/12/05
  • 閲覧(3,976)
  • 判例検討-連帯保証と利益相反行為
  • 民法判例  連帯保証と利益相反行為  論点:「第三者の債務につき、親権者自ら連帯保証すると共に、未成年子 を代理して、その子と債務者との間で連帯保証契約並びにその子 の不動産に抵当権を設定する契約の締結は利益相反行為に該当す るか?」  未成年子が有効に法律行
  • 550 販売中 2007/11/30
  • 閲覧(2,262)
  • 家族法「実親子関係の成立―嫡出推定制度」
  • 家族法  8.実親子関係の成立-嫡出推定制度  8-1.親子関係の伝統的分類法とその問題点-血縁上の親子と法律上の親子と 養子  ・伝統的分類法による親子関係  ⇒実親子関係:自然の血縁に基づいて成立  →嫡出子:婚姻中の男女間に生まれた子  →非嫡出子:婚姻
  • 550 販売中 2007/11/30
  • 閲覧(1,857)
  • 国民経済システム 三面等価の原則について
  • 1 「国民経済システム」レポート  『三面等価の原則について』  <はじめに>  <GNPの三面等価>  1.生産国民所得(国民総生産、GNP)  2.分配国民所得(国民総所得、GNI)  3.支出国民所得(国民総支出、GNE)4.まとめ  <おわりに>  2
  • 550 販売中 2007/11/28
  • 閲覧(3,521)
  • 渡辺昇一「神聖な義務」
  • 「生命倫理学の諸問題」レポート  渡辺昇一「神聖な義務」について  <はじめに>  私は、この文章に出会うまで、ナチスによる大量虐殺が「優生思想」の考えに基づくも のだと知らなかった。単にユダヤ人へのいわれなき差別意識から、虐殺行為が行われたの だと考えていた
  • 550 販売中 2007/11/21
  • 閲覧(1,583)
  • 民法判例―「財産分与と詐害行為取消権」
  • 論点 「財産分与請求権についても債権者取消権の行使は可能か否か」 <序説>  離婚に際しての財産分与請求権が財産権としてどのような法的性質を有するのかについては諸説ある。?形成説は協議・審判によって形成されて始めて財産権として発生すると説く、?確認説は、
  • 550 販売中 2005/12/13
  • 閲覧(2,566)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?