go55goさんの資料 / タグ / レポート

資料:50件

  • 地球温暖化問題
  • 地球温暖化は非常に深刻な問題である。温暖化が進む原因としては化石燃料による大気汚染の影響が大きい。そのためにはクリーンなエネルギーが求められているといえる。太陽エネルギーはクリーンかつ、無限にあるエネルギーとしてさまざまな分野から期待されている。化石燃料が限り..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(2,072) コメント(3)
  • ヨーロッパの地域分析
  • 二回の世界大戦で荒廃したヨーロッパは、早急に復興を図ることと、二度と戦争を企図する様な国を作らないことが緊急の課題となった。その中でヨーロッパ統合の道への主な要因として、内的要因としては、主権のせめぎあいの中で発生した戦争を二度と起こさないために、旧来から対立..
  • 660 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(883) コメント(3)
  • 競争市場における価格決定メカニズム
  • これから競争市場における価格決定メカニズムについて考察していくが、まず価格の役割について考えたい。価格とは財やサービスの対価であり、希少性の尺度となるものである。財が少なくなると、価格が上昇し、それによってその事実を伝える.また価格上昇にともなって家計は少ない..
  • 770 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(3,520) コメント(4)
  • ヘーゲルの精神現象学序論
  • ヘーゲルの著書、その『序論』から感じたのは、とにかく著者の沸き立つような若々しさだった。『序論』は『精神現象学』の本体が書かれた後に書かれたにもかかわらず、本体を要領よくまとめるどころか、その先へ行こうとしてしまっていて、やはりそれもまた「すでにあるもの」では..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,939)
  • プラトンとイデア
  • プラトンは、ソクラテスを通じて、知と徳の一致、真理愛などを説いたが、かれの根本思想の一つは、「イデア」である。この世のすべての存在は、それに対応するイデアの模倣に過ぎない。そして最高のイデアは、「善」のイデアであり、それはまた神である。  現実の民主政を、無知な..
  • 1,100 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(8,890) コメント(8)
  • 人間の自己意識
  • 自己意識とは、自己の自己に対する関係であり、この自己意識は、自己の自己の自己の自己の・・・意識というふうに無限に再帰する、円還したシステムである。たとえば日記をつける。自己の自己との対話である。ここで私たちは自己の錯綜した関係にもがくことがある。実際にそうした..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,752)
  • 自己物語の心理学
  • 著者は自己心理学の確立を目指し、現在最も中心となって研究活動を行っている榎本博明である。彼はこれまでの数多くの研究成果から「自己物語」という理論を打ちたてている。自分とは何か、それがわからなくてどうやって生きていったら良いのかわからない。この問いに対して自分と..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(4,792)
  • 自虐指向と破滅願望
  • 著者は、精神科医である。毎日、どこか精神に異常をきたした人たちを見ていると、なにがふつうで、なにが異常なのかわからなくなるらしい。異常な人格を分類すると、「発揚情性型」「抑鬱型」「自己不確実型」「狂信型」「自己顕示欲型」「気分易変型」「爆発型」「情性欠如型」「..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(5,582) 1
  • 不安の心理学
  • 不安についての考え方については二つの大きな流れがある。その一つ根源不安説は、元々人間は自分の存在や日常について常に不安を感じている。それを普段は何かに打ち込むことによってその不安から逃げているのだというのが一つの考えである。もう一つの不安=甘え説は、人間は生き..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(3,416) コメント(1)
  • トランスパーソナル心理学
  • 不況とリストラ。死に急ぐ中高年、そして子どもたち。若者の暴力衝動の高まり、児童虐待。圧倒的な閉塞感と無力感に覆われた現代。こんな時代に、それでも意味と希望を見失わずに生きていくことはできるのか?著者はこの本で「人生で起こることは、どんなことにも意味がある」とい..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,318)
  • 人の心はどこまでわかるか
  • 人の心はどこまでわかるかと問われれば、それはわからないと答えるしかないだろう。そしてそのことを認め、その上で人の心を解明しようと試みるのが心理学者である。またそういうスタンスであるからこそ心理学者たりえるのである。現代社会に於いて、人間という社会生物は、他人の..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,023)
  • 心の商品化の時代
  • 「心の時代」というのは、実は「心のモノ化、商品化の時代」である。「心の商品化」を進めているのが、臨床心理学者や臨床心理士などの「心の専門家」である。従来、お金で売り買いできないものとされてきた心を独占的に商品化していること自体に問題を孕んでいるが、その商品たる..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(954) コメント(2)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?