go55goさん累積訪問者(129,487名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:50件

  • 北海道と九州の地誌学
  • 北海道と九州の地域的な違いを比較するために、まず北海道からその地域的特色を見てみる。北海道は本州と異なり冷涼帯であり、日本の面積の22パーセントをも占める広大な大地を擁する。このような自然の特色のために、スキーや雪祭りなどを目当てに毎年400万人もの観光客が訪..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(3,085)
  • 日本の市民社会
  • 最初に、市民社会に関する一般的な定義について行おう。市民社会とは、市民によって構成された社会、もしくは市民が社会の中心的な担い手になる社会のことをいう。歴史的には、十七世紀イギリス(ピューリタン革命・名誉革命)、十八世紀フランス(フランス革命)で、封建的土地所..
  • 1,650 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(6,000)
  • 日本の規制緩和論
  • 中条さんは、「規制緩和」の論客として知られている学者である。様々なメディアにも良く出ている。中条さんの中小学校での生徒一人に対して100万円近い支出が行われているという言葉にびっくりして、いつか中条さんの本は読んでみたいと思っていた。 今、小泉内閣や竹中金融
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,680)
  • 民法にみる消費者保護
  • 取引にかかる約款は企業と消費者との間での契約であり、企業と消費者とではやはり一般的には消費者の方が、立場が弱いと考えられるので、不公平が生じないような環境整備を図るべきである。具体例を一つ挙げてみよう 『訪問販売で「元本は絶対に保証する。今後円安が続き年9.
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,580)
  • 精神病と刑罰
  • 大阪教育大付属池田小児童殺傷事件において、宅間被告は、2001年6月8日午前10時10分ごろ、大阪府池田市の小学校に乱入、8人の児童を殺し、教師2人を含む15人に重軽傷を与えた。事件の特異性もさることながら、社会問題として注目されたのは、被告が過去に傷害容疑で
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,931)
  • 常習累犯と罪刑法定主義
  • 今度の刑法改正準備草案において業務上過失致死傷罪の刑が加重されたり、新設される常習累犯の規定により絶対的不定期刑の制度が登場することになるように、犯罪の増加・累犯化に対して単に刑罰の面においてのみ解決を与えようとし、それらの現象の真の原因に対しては何の改善策を..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,334)
  • 少年刑法の変遷
  • 歴史上「刑事罰による懲戒や威嚇」は、最も一般的な犯罪抑止策として、広く社会に受け入れられてきた。かつては少年に対してもこの方策が取られてきたわけであるが、発達上の問題や劣悪な生育環境を背景とする少年非行の場合、刑罰より、むしろ適切な環境で少年を保護し教育を加え..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,705)
  • ブランドマーケティング論
  • 昨今の消費低迷による影響で業績不振にあえぐファッション・アパレル業界の中でも、海外高級旅行鞄、靴、アクセサリー等の輸入販売を手掛けるルイ・ヴィトンジャパンは、景気動向に左右されずに2002年において、同業他社を圧倒して過去最高の売上高(1,357億円)を記録す
  • 1,540 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(2,199)
  • アメリカ労働市場の変化とその要因について
  • アメリカのホワイトカラーの異常なまでの長時間労働の考察を見てみよう。本書に出てくるある調査によれば全労働者の12%にあたる約1500万人が週に49時間から59時間をオフィスで過ごしている。さらに、全労働者の8,8%にあたる1100万人が週60時間以上働いている
  • 1,100 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,734)
  • イギリス労働党の変遷
  • トニー・ブレアが率いる労働党は、2001年の総選挙で大勝利を勝ち取った。1997年の総選挙では、新鮮なイメージを持つ若い党首ブレアが英国内だけではなく、世界的な注目を浴びた。前メージャー保守党政権から引き継いだ好景気を継続させることに成功し、その政権運営と経済..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,554)
  • 靖国問題
  • 本書には、政治家や学者というより、宗教家の書いた論文が多い。このことが本書の論調にきわめて大きな影響を与えている。彼らは、信仰の大切さや切実さというものを誰よりも知っている。だからこそ政教分離の原則や内面の自由の原則を大切にする理由が痛いほどよく分かるのであ
  • 770 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,293)
  • 綿矢りさ論
  • 綿矢りさという作家がいる。近頃「蹴りたい背中」を発表した、いまだ十代の新世代の作家である。彼女が史上最年少17歳で第38回文藝賞を受賞した「インストール」を現代的な作品としてこれから考察してみたい。 簡単にあらすじを述べると、登校拒否になった女子高生と、ごく
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,560)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?