人権レポート

閲覧数103
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【佛教大学】 2020年 「人権」 合格済み レポート

    2020年度佛教大学通信課程 「人権」の合格済みレポートです。


    佛教大学は特に罰則が厳しいのでそのままの転用は控えてください。
    こちらを参考程度に、新テキスト・自らの考察を付け加えるなどしてご利用ください。
    大変ですががんばりましょう!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また人権(同和)教育の意義と学校に
    おける人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
    「21世紀は人権の世紀である」と言われながら、現在も人権侵害、差別事象が多く残
    され、全ての人々の人権を確立していく上での課題が山積している。 2016 年の「部落差
    別解消推進法」の成立は、現在も部落差別が存在することを国が法律で初めて認めたもの
    であり、部落差別解消のために必要な教育及び啓発を行う必要性を明らかにしたものであ
    る。
    同和問題は、日本社会の歴史過程で形づくられた日本固有の人権問題である。日本の長
    い歴史の中で形づくられた身分制度の下で、江戸時代には衣食住にわたる厳しい規制や差
    別があったが、 1871 年に発布された「解放令」により身分制度は廃止された。しかしな
    がら現実には差別はなくならず経済的、社会的、文化的に低い状態に置かれる状態は長く
    続いた。そして21世紀である今日も、同和地区・被差別部落と呼ばれる地域の出身であ
    ることやそこに住んでいることなどを理由に、教育や就職、結婚、日常生活において、
    様々な差別が現存している。「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。