気管支喘息

閲覧数893
ダウンロード数6
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    タグ

    心理商品治療呼吸アレルギー看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <気 管支喘息>
    気管支喘息とは気管支の広範囲な狭窄に基づく病態で、笛声や喘鳴を伴う呼気
    性呼吸困難が突然出現し、自然あるいは治療によって比較的短時間で改善する
    ような病状を反復する疾患をいう。
    ・ 原 因
    多くの症例にはアレルギーの家族歴があり、血清 ige値が高く、しばしば特
    定のアレルゲンに対する ige抗体が証明される。したがって、喘鳴の多くは
    l型 アレルギーによって発症するものと考えられている。
    アレルゲンとしては、屋内塵 (ハウスダス ト)、ダニ、かび、花粉、ねこ、
    大、島の毛や羽毛などが主要のものである。
    しかし、アレルゲンも不明でそれ以外の外困 (大気汚染、感染、運動、気象
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。