看護実習 グループ目標一覧

閲覧数20,718
ダウンロード数62
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    資料の原本内容

    看護実習 グループ目標 要55%印刷
    精神看護学実習
    生活目標 ー メンバー同士のコミュニケーションを深め、情報を共有する事ができる。
    学習目標 ー 対象を理解し、自分らしさを発揮してコミュニケーションをとる事により、意欲的な生活が
    送れるような援助ができる。
    老年看護学実習
    生活目標 ー メンバー同士のコミュニケーションを深め、情報を共有することができる。
    学習目標 ー 高齢者の特徴を理解し、対象の自立度に合わせた援助ができる。
    成人看護学実習Ⅰ
    生活目標 ー
    学習目標 ー
    在宅看護学実習Ⅱ-2 (デイケア実習)
    生活目標 ー 社会復帰活動に積極的に取り組む。
    学習目標 ー 精神障害者の社会復帰支援の役割を理解する。
    小児看護学実習(保育所)
    生活目標 ー それぞれの発育段階をカンファレンスを通して知る事で学びを共有する。
    学習目標 ー 笑顔と挨拶を忘れず、言葉遣いに気をつける。
    在宅看護学実習Ⅰ(保健福祉センター)
    生活目標 ー 相手を尊重した挨拶と言葉遣いができる。
    学習目標 ー 地域の特徴と健康問題を把握し、健康教育の方法を知る。
    在宅看護学実習Ⅱ-1 (訪問看護ステーション)
    生活目標 ー 相手を尊重した態度で積極的に実習に取り組むことができる。
    学習目標 ー 病棟看護の役割と在宅看護の役割の違いを知る。
    小児看護学実習(病棟)
    生活目標 ー 協調性を深めるためにチームの一員としてメンバーと円滑に協力できる。
    学習目標 ー 対象の疾患の理解を深め、健康段階に応じた基本的生活習慣へ度援助ができる。
    母性看護学実習
    学習目標 ー 妊娠期における正常・異常の経過を判断でき、異常時の援助を理解できる。
    成人看護学実習Ⅱ
    生活目標 ー チームのメンバーで積極的にコミュニケーションをとり、協力して情報共有をすることができる
    学習目標 ー 現在の状態を悪化させず回復に向かうように、対象の特徴を知り援助することができる。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。