①ソーシャルワーカーにおける専門職倫理の必要性②量的調査における、調査票作成の留意点についてまとめなさい

閲覧数3,586
ダウンロード数8
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士通信教育で作成したレポートです。
    ①②各800字程度のレポートです。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワーカーにおける専門職倫理の必要性についてまとめなさい。
    専門職倫理とは「ある職業集団において、その成員間の行為や、その成員が社会に対して行う行為の善悪を判断する基準としてその職業集団内で承認された規模」であり、「専門的職業に就く人が、自ら定め、遵守すべき行動原則」である。

    専門職倫理が必要となった背景として、人は様々な経験を通じて、社会的に受け入れられる行為が何かといった道徳観を身につけている。しかし、この道徳観だけではソーシャルワーカーという専門職に要求される判断はなし得ない。また、すべての人が一つのことを倫理的に正しいと考えるわけではないという意味で、倫理は複雑だと言え、倫理的義務と法的義務とが一致しない場合があるという意味でも、倫理的判断は難しい。その結果、社会福祉の価値に基づいたソーシャルワーカーの適切な行為の一定の基準を示す必要がでてきた。そのため専門職倫理は必要であり、その必要性は高い。

     では、ソーシャルワーカーという立場の人間にとって、特に倫理を重要視しなければいけない高い必要性はどこにあるか。まず、ソーシャルワーク実践には倫理的ジレンマが伴う。ソーシャ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。