心理社会的アプローチ、問題解決アプローチ、エンパワメントアプローチの方法についてまとめ考察しない

閲覧数18,447
ダウンロード数36
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士の通信教育で作成したレポートです。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理社会的アプローチ、問題解決アプローチ、エンパワメントアプローチの方法についてまとめ考察しない。
    クライエント個々が抱える個別・具体・特殊な生活課題を解決に導くために、多様なアプローチが存在する。その中で、心理社会的アプローチ、問題解決アプローチ、エンパワメントアプローチの3つの方法について考える。

     心理社会的アプローチとは、「状況のなかの人間」を中心視点としてアセスメントを実施し、クライエントとワーカーの繋がりを確立させ、そこでのコミュニケーションを基盤にクライエントとの協働によって課題を解決するアプローチであり、パーソナリティの変容を実現、クライエントとその「状況」相互の機能不全を改善することが支援目標となる。

     その目標を達成するためにどのような方法があるだろうか。アセスメントは、クライエントの抱える問題・課題が「なぜ存在しているのか」「どのように存在しているのか」、また「人」と「状況」の全体関連性の中で、「誰が、何が、どこが問題の解決に向けて変化しやすいのか」に焦点を当てられ実施されることになる。環境面への間接的な働きかけもあり、このアプローチによる介入は、初期段階から...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。