①グループワークの展開過程②ソーシャルワークにおける面接の目的についてまとめなさい。

閲覧数4,165
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士通信教育で作成したレポートです。
    ①②各800字程度のレポートです。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    グループワークの展開過程についてまとめなさい。
    グループワークは、ワーカーの専門的な働きかけによって効果的に展開される。その展開過程は様々であるが、ここでは準備期、開始期、作業期、終結・移行期の順に述べる。

     準備期とは、グループでの取組みを実際に始める前の段階である。メンバーが初めて集まる前の準備、グループづくりのためにメンバーと予備的接触をするまでを指す。

    まず、グループワークのニーズを特定し、趣旨、目的、活動の内容を計画し、参加者を募り、環境を整える。活動資金、活用できる人材等、社会資源の確認をしておくことが大切だ。また、メンバーがどのような思いや感情を持ってグループワークに臨むかを、ワーカーが予め理解しておく必要がある。

     開始期とは、メンバーたちが出会い、グループとして動き始めるまでを指す。メンバーは互いを受け入れ、信頼関係を構築しながらグループの中で成長と目標達成を目指す。各メンバーとワーカーとの間に援助関係を築くことに焦点をあて、メンバー同士が安心して互いに自由に交流が図れるように、グループの組織化を図り、和やかな雰囲気を作っていくことが必要である。

    作業期とは、...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。