読書感想文の書き方

作成:ハッピーキャンパス

1.はじめに

大学のゼミで使うような本は、専門的なものが多いため、夏目漱石、太宰治、芥川龍之介、志賀直哉の作品集や感想文の見本などは、簡単にネットで探す事ができません。
そんなときは、図書を直接読んで作成することもよいですが、今すぐ立派な感想文を書くのは、難しいと思います。しかし、たくさんの本を読みながら勉強すると、その中で重要な文は何なのか、良い文は何なのか見つけられると思います。ハッピーキャンパスを利用しながら、こちらの説明文「読書感想文の書き方」を念頭において、現在ハッピーキャンパスにある資料より、もっと立派な感想文を作成してください。

2.読書感想文の書き方

⑴選ぶ基準
本を読まない感想文を書く方法もありますが、ある程度の作文力が必要だと思うので、早く読める短編小説を選べばよいと思います。

⑵読書感想文の作成
どの文書でも、「起-承-転-結」という原則はあります。感想文にも、「序論→本論→結論」があり、これはレポートの作成として一番重要なポイントです。レポートを書く場合、序論や結論には一つの段落をあてます。本論は、論理にしたがっていくつかの段落に分かれます。200字程度をメドに改行をして、段落を作っていきます。一つの段落には一つの主題があります。ですから、小見出しをつけ、それを並べていくと、全体の論旨につながりが見えてくるはずです。
・序論 - どうしてこの本をえらんだのか・前評判・最初の感想などを書きます。
・本論 - この本のテーマや心に残ったこと、それに関して自分の体験、考えなどを書きます。
・結論 - テーマを踏まえたまとめ的感想及び自分に与えた影響などをかきます。

★読書感想文の作成ポイント
・本を読む前に、何でこの本を選んだか書いてみる。
・本を読む前に、どんな本だと思ったか書いてみる。
・本を読む前に、そのテーマでどんなことを思ったか書いてみる。
・何のテーマだったのかメモしておく。
・本を読んだ後、気付いたことをメモしておく。
・分からないことをチェックし、ネットで調べてみる。

3.注意事項

読書感想文を書くときに、意見文にならないように気をつけてください。たとえば、社会問題や経済など重いテーマをあつかった本の感想文を書くとき、本の内容からはなれすぎないようにしてください。本の内容に外れ、社会問題や経済についての自分の考えだけを書くと、「感想文」ではなく、「意見文」になってしまいます。
本を読んで、深く考えること、自分の意見を持つことは大切です。しかし、本のテーマにそって「感想文」を書くように心がけてください。

ページの上に戻る。