読書感想文 太宰治「人間失格」@

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数8,733
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人間失格」を読んで        
                   
     「人間失格」を読むのはもう10回めくらいになります。初めて読んだのは、確か高校一年生くらいの時です。こ
    の作品の陰鬱な雰囲気に不快感を感じながらも、不思議と引き込まれて言ったのを覚えています。今、読み返し
    てみてもやはりその感覚はかわりません。しかし、この作品は、我々が普段ひた隠しにしている人間本来の弱さ、
    負の側面を赤裸々に表現していると思います。私が、この作品を読んで不快感を感じるのも、この作品を読むこと
    によってそのような面を否応なしに自覚してしまうからだと思います。そして、人間の本来的な弱さは、いつの時代
    も変わることがないので、「人間失格」は今でも多くの人に読まれているのだと思います。
     「人間失格」は「葉蔵」という人物の手記で語られていますが、彼が薬物中毒であったこと、自殺未遂を犯して
    いること、妻が他の男性と交わっていることなどの共通点を考えると、自して読むのがだ
    と思います。彼は、人間の生活というものが、つかなく、のら、自のちにてさえ、彼
    どんなにく、またどんな考えて生きているのかできていました。そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。