犯罪学:児童虐待の諸問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数723
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    虐待の影響は個人のレベルに留まらない。虐待は連鎖するという問題がある。
    これは、親から虐待を受けた子どもが仲間に対して非行を行い、その仲間がまた非行を行うというように非行が連鎖するというものである。
    (補足:世代間の連鎖)
    また、世代間の連鎖という問題がある。これは親から虐待を受けた子は自分の子(孫)を虐待し、子から虐待を受けた孫は自分の子(曾孫)を虐待するというように虐待が連鎖するというものである。このような連鎖が起こる原因として、自分が暴力を受けることで、暴力というもの自体に慣れてしまい、自分が暴力を振るうことについての歯止めもなくなってしまうことが考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    犯罪学 中間レポート 9
    選択問題番号 35.児童虐待と少年非行との関係について述べよ。
    虐待の影響は個人のレベルに留まらない。虐待は連鎖するという問題がある。
    これは、親から虐待を受けた子どもが仲間に対して非行を行い、その仲間がまた非行を行うとい
    うように非行が連鎖するというものである。
    (補足:世代間の連鎖)
    また、世代間の連鎖という問題がある。これは親から虐待を受けた子は自分の子(孫)を虐待し、
    子から虐待を受けた孫は自分の子(曾孫)を虐待するというように虐待が連鎖するというものであ
    る。このような連鎖が起こる原因として、自分が暴力を受けることで、暴力というもの自体に慣れ
    てし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。