資料:202件

  • 憲法9条の解釈、首相公選制について
  • 自衛のための必要最小限度の実力という概念が先にきて、それは憲法の戦力ではないと解釈しているのである。さらに、自衛のための必要最小限度の実力か否かの基準は一定普遍ではなく、その時々の国際情勢によって変わりうるものと考えている。したがって、政府は、自衛隊は軍隊では..
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(886) コメント(1)
  • 憲法9条と有事法制について
  • 平和主義原理の中核は「平和的生存権」であり、これは日本国憲法前文にある「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」という文言から導かれる。この中の「恐怖」というのは、この憲法が、第二次世界大戦の惨劇の..
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(983) コメント(18)
  • 第81回法学会大会レポート
  • 人権に関する意識、感覚とは一体何なのか、また、憲法施行から半世紀以上をむかえているが、まだ人権の意識が低いと評価されているが、人権の意識が国民に根付くというのは一体どういうことなのか
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(729) コメント(12)
  • 法人の目的の範囲(八幡製鉄政治献金事件)
  • 本件で主に争点となったのは以下の3つである。まず、目的の範囲(43条)とは何の範囲を定めたものなのか、言い換えると、何を制限したものなのかということである。次に、「目的の範囲」という文言の中の「目的」の意味についてである。さらに、政治献金は会社の目的の範囲内である..
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(1,625) コメント(1)
  • 宇奈月温泉事件判決について
  • 権利濫用と判断されれば、権利の行使が制約される(1条3項)。いかなる場合に権利の行使が濫用になるかについて、初期の判例は、「他人を害する目的で権利を行使する」という主観的要件を重視したが、次第に、「権利の行使によって生ずる権利者の利益と相手方または社会全体に及ぼ..
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(5,111) コメント(2)
  • インターネットオークションにおける被害について
  • 1. インターネットオークションの仕組み インターネットオークション(以下ネットオークションと呼ぶ)とは、WEB 上で行われるオークションのことである。この仕組みを簡単に説明すると、まず出品者側は商品の紹介文やその写真を掲載し、さらにオークションの終了時刻を告知する..
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(1,227) コメント(16) 1
  • インターネット犯罪の現状
  • インターネット犯罪の特徴 特徴として挙げられるのはまず、犯罪のグローバル化である。インターネットという媒体自体が世界規模であるために一国での対策はほぼ無力となってしまう。 次に犯罪の拡散化である。これは犯罪被害が広範囲に及びまた同時多発性を持つことで、被害が一..
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(4,191) コメント(14)
  • 首相の靖国参拝は憲法違反か
  • 今回の問題を考察する前に、同様に政教分離の原則が問題となった事例がある。まず、津地鎮祭事件*1は三重県津市の市長が、公共施設の建設起工式を神式の地鎮祭として実施し、その費用に公金を充てたことについて、政教分離の原則に反するとして市議会員が市長に損害賠償を請求した..
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(1,436) コメント(26)
  • 環境法生成の時期区分について
  • 環境法生成時期は?公害・環境法生成期(明治期から戦後1960年代中頃)、?公害法体系形成期(1960年代から1970年代中頃)、?公害・環境法停滞期(1970年代中頃から1980年代末)、?環境法制確立期(1990年代以降)の4つに分けることができる。 以下、それぞれの時期区分について論じ..
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(1,326) コメント(15)
  • 「環境権」についての考察
  • 1.環境権がはじめて提唱されたのは1960 年代後半のことで、「環境に関する市民の権利」として、アメリカミシガン大学のサックス教授によって提唱された。サックス教授は、環境権を市民が快適な環境を享受できる権利として位置づけるだけではなく、環境破壊のおそれがある場合には、..
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(2,303) コメント(17)
  • 民法94条2項の類推適用について
  • <通謀虚偽表示-民法94 条->  通謀虚偽表示とは相手方と通謀して内心的効果意思と異なる意思表示をすることをいう。これは、心裡留保・錯誤と同じく、表示行為に対応した効果意思が存在していないという意味で、意思の欠缺の一形態である。(意思表示をした人自身が真意に反するこ..
  • 540 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(4,402) コメント(20)
  • 民法94条の考察および時効学説について
  • 民法94 条は「通謀虚偽表示」についての規定である。通謀虚偽表示とは、相手方としめし合わせて内心的効果意思とことなる意思表示をすることをいう。これは心裡留保(93 条)や錯誤(95 条)と同じく、表示行為に対応した効果意思が存在しないという意味で、意思の欠の一形態である..
  • 540 販売中 2005/05/20
  • 閲覧(2,292) コメント(19)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?