憲法;司法制度改革

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数421
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    司法改革審の最終意見書には、司法制度改革の三つの柱がある。
    一つ目に「国民の期待に応える司法制度の構築」である。これは、裁判の充実・迅速化、費用負担の軽減などに現れている。特に日本の現行の民事裁判は時間がかかりすぎるとされており、大きな問題となっている。ただ、最終意見書には実現のための具体的な案が示されていない。単なるスローガンにとどまることのないように、何らかの具体案を打ち出すべきである。そうしないと短縮の方針のみがひとり歩きして、一律・形式的な計画審理が進められる危険性もある。
    二つ目に「司法制度を支える法曹のあり方」である。これは、法科大学院の設立や法曹人口の拡大という面から分かる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法課題レポート 16
    1.問題
    司法制度改革について論ぜよ。
    2.回答
    司法改革審の最終意見書には、司法制度改革の三つの柱がある。
    一つ目に「国民の期待に応える司法制度の構築」である。これは、裁判の充実・迅速化、費用負担
    の軽減などに現れている。特に日本の現行の民事裁判は時間がかかりすぎるとされており、大きな
    問題となっている。ただ、最終意見書には実現のための具体的な案が示されていない。単なるスロ
    ーガンにとどまることのないように、何らかの具体案を打ち出すべきである。そうしないと短縮の
    方針のみがひとり歩きして、一律・形式的な計画審理が進められる危険性もある。
    二つ目に「司法制度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。