刑法;原因において自由な行為

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数666
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 原因において自由な行為とは、実行行為が心身喪失または心神耗弱の状態でなされた場合であっても、その状態が行為者の責任能力がある状態によって自ら招いたものであるときは、当該行為について完全 な責任を問うとする法理のことである。
    2 もっとも、責任主義の観点から、実行行為時に行為者に責任能力が備わっていなければ行為者は処罰できないという原則が導かれる(行為と責任の同時存在の原則)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑法課題レポート 15
    1.問題
    原因において自由な行為について論ぜよ。
    2.回答
    1 原因において自由な行為とは、実行行為が心身喪失または心神耗弱の状態でなされた場合であ
    っても、その状態が行為者の責任能力がある状態によって自ら招いたものであるときは、当該
    行為について完全 な責任を問うとする法理のことである。
    2 もっとも、責任主義の観点から、実行行為時に行為者に責任能力が備わっていなければ行為者
    は処罰できないという原則が導かれる(行為と責任の同時存在の原則)。
    3(1)では、この行為と責任の同時存在の原則を維持しつつ、原因において自由な行為のような行為
    者をどのような根拠に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。