民法;時効総説

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数575
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    時効制度とは、一定の事実関係が永続する場合に、それが真実の権利関係と一致するか否かを問わず、そのまま権利関係として認めようとする制度をいう。
    時効制度の趣旨は、長期にわたって継続した事実状態を、法律上も尊重することによって、社会の法律関係全体の安定を図ること、法は、権利の上に眠る者を保護しないこと、権利関係が立証困難であることの救済にある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法課題レポート 28
    1.問題
    時効制度の存在理由・時効学説について論じなさい。
    2.回答
    時効制度とは、一定の事実関係が永続する場合に、それが真実の権利関係と一致するか否
    かを
    問わず、そのまま権利関係として認めようとする制度をいう。
    時効制度の趣旨は、①長期にわたって継続した事実状態を、法律上も尊重することによ
    って、社会の法律関係全体の安定を図ること、②法は、権利の上に眠る者を保護しないこ
    と、③権利関係が立証困難であることの救済にある。
    時効は、永続した事実状態の尊重と当事者の意思の尊重との調和との観点から、当事者
    が時効を援用しないうちは、時効によって裁判をすることが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。