同和(部落)問題について述べよ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数249
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    同和教師人権

    代表キーワード

    同和(部落)問題同和

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ※課題2 同和教育とその歴史的背景について述べなさい。
    まず最初に、日本における差別は、古くは紀元前までにさかのぼり、身分制度と言う形で連綿と続いてきた。今日でこそ人間の平等がうたわれ、誰もが所与のものとして人権を手にしているが、差別の残骸は今なお存在し続けている。今日の同和問題においては、被差別部落民が差別の対象となっており、結婚や就職、集落のインフラ整備などの点で不利益を被ることが多かった。被差別部落の人々が住んでいる地域と言うのは、江戸時代の「穢多」・「非人」と呼ばれる人々が住んでいた地域と重なっており、彼らの子孫が今日において被差別部落民になっていると考えられていた。もちろんそのことは、確証のない偏見であることは言うまでもないが、被差別部落民であることを自認する者もいれば、少なくとも同和教育が浸透するまでは、世間ではそのように考える風潮が強かった。そして、このような差別の歴史は江戸時代にまでさかのぼる。ここでは同和問題の歴史を追っていきたい。
     「穢多」は、牛馬の皮剥ぎを職業としていたが、それは「けがらわしい」ものと考えられており、牛馬の取り扱いの際にはものすごい異臭が発生す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。