サプライチェーンマネジメント

閲覧数953
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員1,650円 | 非会員1,980円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題 SCMにおける現代社会の課題について。
    まず最初に昨今のニュースや新聞では、事業環境は厳しく、どの業界においても、コアとなるプロダクト(商品サービス)だけでは、飛躍的な収益拡大が難しい状況であることが問題視されている。お客様向けに新たな付加価値サービスやロイヤリティプログラムを展開し、お客様への対応を強化するとともに、収益拡大につなげる企業の成長戦略のひとつがCRMであり、コアとなるプロダクトである。例えば、消費者の生活様式の変化やニーズの多様化によって、企業の商品開発が難しくなっていることや、不況もあいまって新しい顧客を獲得するのに大きなコストがかかるようになっている。
    そこで、「ワン・トゥ・ワンマーケティング」のように企業と顧客が1対1の関係を築き、既存の顧客の満足度を向上し、売上を伸ばす方がコストも低く、収益性も高くなるという考え方からCRMが見直されてきていると考えられる。このような考え方は、以前からあったが、購買動向の収集などを手作業で行うことは不可能なことであり、近年のコンピュータの高速、低価格化やインターネットをはじめとしたIT技術の進歩によって、より有効的になった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。