ベンチャービジネス論

閲覧数960
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,650円 | 非会員1,980円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1 インクリメンタルイノベーションとラディカルイノベーションの具体的な事例を挙げて論述せよ。
     インクリメンタルイノベーションの例
    まず最初に、トヨタ自動車を例に挙げると、リーン生産方式やカンバン方式と言われる『ジャスト・イン・タイム』において、材料は加工されて部品になり、その部品が組み合わされてユニットとなり、そのユニットが組み立てられて出来上がっていく行程であるが、従来の生産の流れは、前工程が後工程に部品を供給するという発想で形作られていた。しかし、この流れを逆転させ、同じものを計画的に大量生産するときは、押し出す方式でよかったのだが、違うものを少しずつ生産するためには、引っ張る方式がより効率的であることが、従来的技術の延長線上に生まれ、まさにイノベーションがもたらした我が国をはじめ、世界で研究されている生産システムとなっている。
    ラディカルイノベーションの例
    ウォークマンを例に挙げると、コンセプトは、顧客のニーズから出てきたわけではなく、ソニーの創業者である盛田昭夫氏の現場観察に基づいた洞察と直感から出てきたものである。しかし、録音機能もなく、従来品より劣るとの声が多く、社内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。