哲学と宗教の関係について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数324
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    宗教哲学科学思想人間自然自由世界

    代表キーワード

    哲学宗教哲学と宗教

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ※課題3 哲学と宗教の関係について、主にピュタゴラスの思想を例にとりながら述べよ。
     まず最初に、哲学と宗教とは、ともに密接な関係性を持った分野・学問であると認識される。それは、アプローチの違いはあっても、ともに人間の魂のあり方や真理を探究するという目的が存在しているというところに一因がある。ピュタゴラスの思想一つを見ても、その密接な関係性は理解できる。以下では、ピュタゴラスについて見ていく。
     ピュタゴラスは、弟子とともにクロトンでピュタゴラス教団という宗教結社を創設し、哲学・数学・音楽などの研究を行っていた。そこではピュタゴラスはさまざまな規則を定めている。例えば、靴を履く時は右から履け、足を洗うときは左から洗え、ランプの側で鏡を見るな、と言うようなものである。そして、ピュタゴラスは輪廻転生を信奉しており、自身の数回昔の前世を思い出すことが出来たという。それは、いじめられている犬が悲鳴をあげているのを見て、「友人が転生した姿であるから殴ってはならない」と言った伝説が語り継がれているほどである。こうした逸話からも、ピュタゴラスが宗教家であったことが分かる。
     そして、ピュタゴラスの思..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。