【教育方法学】学習意欲の向上

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数432
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育教授法

    代表キーワード

    教育方法学教育教授法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    わが国の子どもの学習意欲を高めるために、どのような授業づくりをしたらよいかをテキストの内容をふまえながら述べよ。
     まず最初に学習意欲を高める授業作りを考えるに当たっては、伝統的な課題習得型の「基礎を育成する授業」と、生きる力を養成する課題発見型の「発展力を育成する授業」とに分けて考える必要がある。以下では、それぞれについて具体的な方策を論じていく。
     まず、基礎を育成する授業は、基礎・基本となる知識や技能の習得を目指すものであり、教室においてテキストを用いて教師から教えられるというありきたりな授業となりがちであることから、子供の学習意欲も衰えがちである。そうしたことから学習意欲の向上に向けては、一つの方法して少人数型授業や、教師の交換などといった方策が考えられる。
     少人数型授業には、単なる少人数授業から、その派生形としてのチーム・ティーチング、習熟度別授業などが考えられる。このうち、少人数授業は、少人数にすることで個に応じた指導を充実させることができると考えられる。つまり、教師の関与度が高まることから生徒の学習意欲も引き出されることとなる。
    続いて、チーム・ティーチングは、複数の教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。