★明星大学 中等教育方法学 PC3040 1,2単位目セット 2014合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数634
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧いただきありがとうございます。
    明星大学 PC3040 中等教育方法学 2単位分 レポートです。
    ぜひ参考になさってください。


    1単位目
    1-1.現代日本の教育課題を、教育方法学の視点から論じなさい。
    1-2.次の語について、それぞれ調べなさい。
    (1) ティーム・ティーチング (2) マルチメディア (3) 発見学習

    2単位目
    2-1.情報機器やソフトウェアを活用した授業を展開する際に、配慮すべき点および課題を、自分が志望する

    校種・教科を題材にして検討しなさい。
    2-2.インターネットの普及が学校教育に与えた影響を整理せよ。

    【参考文献】
    『教育の方法と技術 四訂版』 多田俊文編(学芸図書)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★中等教育方法学PC3040
    1単位目
    1-1.現代日本の教育課題を,教育方法学の視点から論じなさい。
    1-2.次の語について,それぞれ調べなさい。
    (1) ティーム・ティーチング (2) マルチメディア (3) 発見学習
    1-1
    現在の日本が抱える教育課題といえば,いじめ,不登校,学校の内外を問わない暴力行為,学級崩壊等様々なものが挙げられる。今回は様々な教育課題,とりわけ学級崩壊についての対策について教育方法学の視点から考えていきたい。
    学級とは,生徒たちが所属し,様々な教科学習をともに行い,望ましい集団活動を送るための集団である。学校生活を安全に,安心して送るための居場所ともいうべき機能も果たしている。
    これの舵を取っていくのはもちろん教師であるが,学級崩壊とはその集団が集団の体を成しておらず,いわゆる「無法地帯」になっていることを指している。
    これによるデメリットはあってもメリットは考えられない,全ての学習活動 が教育的意図どおりには実行されず,生徒たちにとっても望んでいる学校生活とは縁遠い結果になる。
    対策としては消極的指導と積極的指導の2点がある。
    消極的指導としては担任の..