代表キーワード :: 英文学史

資料:108件

  • John Drydenについて
  • John Drydenについて述べよ。 ジョン・ドライデン(John Dryden, 1631- 1700)は、イギリスの詩人、文芸評論家、劇作家。 王政復古時代のイギリス文学を支配し、その時代が「ドライデンの時代」として知られるほど影響力の大きい人物であった。 ドライデンは、詩人としての出発をク...
  • 660 販売中 2008/02/25
  • 閲覧(2,488)
  • 18世紀の小説の勃興及びその担い手について
  • 18世紀の小説の勃興及びその担い手について述べよ。 18世紀は小説という新しいジャンルが誕生し、急速に成長した時代であった。17世紀において政治的混乱や宗教的狂信を体験したイギリスは、18世紀にはいって理性と良識を求めるようになり、人々はいわば神に向けていた眼を社会と...
  • 660 販売中 2008/02/25
  • 閲覧(2,261)
  • Edmund Spenserについて
  • Edmund Spenser ついて述べよ。 Edmund Spenser(1552-99)はピューリタンでもあった毛織物業者の子としてロンドンに生まれ、ケンブリッジ大学でギリシア、ローマの古典やプラトン哲学などを学び、プロテスタント精神の影響を受けた。彼によってルネサンス英詩は1つの極点に達し、「...
  • 660 販売中 2008/02/25
  • 閲覧(2,027)
  • シェイクスピアの第3期および第4期の作品
  • William Shakespeare の第3期および第4期(1601~12)の作品について述べよ。 彼は、1564年イングランドの中部の小さな町、ストラトフォードにある商家の長男として生まれ、1587年頃、ロンドンに出て宮廷おかかえの劇団に入り、自ら舞台に立ったこともあったが、やがて脚本...
  • 660 販売中 2008/02/25
  • 閲覧(3,315)
  • 20世紀の30年代の詩の特徴
  • 20世紀の30年代の詩の特徴とその担い手たちについて述べよ。 20世紀初頭のイギリスはヴィクトリア時代の道徳観や宗教的規律に束縛されてはいたものの、女性の解放や自由な風俗の進展、宗教の影響力の衰退、市民生活の向上など、近代化への道を着実に歩み始めた。一方、第一次世...
  • 660 販売中 2008/02/25
  • 閲覧(2,034)
  • 英文学史レポート
  • 今回『オセロー』を読み、考え思ったことを書こうと思う。 ここでは何故オセローはイアーゴーを信じ、デズデモーナを殺害してしまったのかについて考えてみる。 オセローがデズデモーナを疑った理由として、主に「嫉妬」と「オセローのコンプレックス」というものが挙げられる。...
  • 550 販売中 2007/11/13
  • 閲覧(1,594)
  • ロマン主義とは何か。
  • 第1設題 ロマン主義とは何か。またその担い手たちはどういう意味でロマン主義的なのかをそれぞれ述べよ。 → 18世紀末から19世紀初頭にかけて、イギリスでは産業革命、フランスではフランス革命が起こっていた。このころの社会的変化に後押しされ、ワーズワス(1770-1850)、コ...
  • 550 販売中 2006/11/18
  • 閲覧(8,194) コメント(2)
  • 英詩を語るとはどういうことか
  • 英詩とは何だろうか。英語で書かれ、英語で読まれる詩のことだろうと私は思う。さらに触れたことのある英詩は、主に英国で書かれたものである。私はこの授業を受けるまでに自ら英詩に触れたことはなかった。しかし英語の詞(lyrics)には多く触れていたと言える。英詩と英詞には似...
  • 550 販売中 2006/11/03
  • 閲覧(2,982)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告