代表キーワード :: 少年法

資料:22件

  • 書評 少年法の歴史的展開〈鬼面仏心〉の法構造
  • 書評 森田明 著 『少年法の歴史的展開〈鬼面仏心〉の法構造』 2005年 信山社  犯罪少年・非行少年に対する処遇をどのように捉え、どのように施行するか。少年を、その未成熟さ、可塑性ゆえに保護対象とし、寛大な処遇(保護)を行うべきか。それとも、少年にも一個人としてその行為..
  • 1,100 販売中 2014/07/10
  • 閲覧(1,299)
  • 永山則夫に関する考察
  • 日本評論社から出版された「永山則夫 聞こえなかった言葉」を読み、永山則夫という人物に対する考察をしています。
  • 550 販売中 2014/04/08
  • 閲覧(1,279)
  • 少年法⑯
  • 保護処分の取消し・少年補償 Ⅰ 保護処分の取消し 1. 制度の趣旨  ・刑事訴訟法では、有罪判決確定後に再審が可能(刑訴435)であるが保護処分が刑罰とは異なり、少年の健全育成が目的であるという点から、少年法には、再審に相当する手続の明文規定はない。 ・これに対しては、保..
  • 550 販売中 2010/07/22
  • 閲覧(1,026)
  • 入門講義少年法
  • 入門講義 少年法 ➣審判過程 ・審判の開始と不開始  審判(=刑事事件でいうところの公判)は受理後必ずしも行われるわけではない 家裁が調査の結果、審判を開始するのが相当と認めたとき(少§21) ⇒審判を開始するのに必要な要件が存在  1.審判条件が存在すること(≒訴訟条件)..
  • 550 販売中 2010/05/13
  • 閲覧(905)
  • 少年法入門①
  • ➣少年法の概要と基本理念 ・少年法の目的  少年の健全な育成のために、非行のある少年に対して、性格の矯正及び環境の調整に  関する保護処分を行う   ⇒過去の行為に対する処罰≪将来の再犯を防止する改善教育が中心 ・少年法の概要   対象…20歳未満の者で、少年法に定められて..
  • 550 販売中 2010/05/13
  • 閲覧(946)
  • 少年非行の現状と少年法の改正
  • 少年法では未成年者には成人同様の刑事処分を下すのではなく、原則として家庭裁判所により保護更生のための処置を下すことを規定しているものである。少年による殺人,強盗,強姦,放火といった凶悪犯の発生件数は,昭和59年以降平成8年まで1,000件台だったものが,平成9年以..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(3,923)
  • 少年法改正について
  • 近年、少年法改正が具体化されようとしている。政府が2005年3月に国会に提出した少年法改正法案は、①非行少年に対する警察官の調査権限の拡大強化、②14歳未満の少年の少年院装置、③保護観察中の遵守事項に違反した少年の少年院送致などである。この改正法案は、児童相談所の調査..
  • 550 販売中 2008/06/05
  • 閲覧(1,861)
  • 少年法レポート 『非行少年が求める少年法とは』
  • 少年法レポート         『非行少年が求める少年法とは』 先日1月31日、福島地裁郡山支部において、全国で初めて16歳未満の少年を検察官に逆送することが決定された。これは、福島県郡山市の強盗・監禁事件で15歳と16歳の少年が強盗婦女暴行、窃盗などの罪に問われているという事..
  • 1,100 販売中 2008/03/21
  • 閲覧(1,894)
  • 少年法 レポート
  • 少年法  女子高生監禁殺人事件に関わった四人の少年がそれぞれ、どのような環境で育ったかを具体的に知り、また、事件の詳細を加害者側からの観点から見ていくにつれて、少年犯罪について抱いていた考え方に変化がおこった。 今まで、神戸の小学生殺人事件やバスジャック事件など..
  • 550 販売中 2008/03/21
  • 閲覧(2,521)
  • 少年法課題レポート(保護処分と執行猶予判決)
  • 少年法 課題レポート  論題:少年甲と乙による強盗致死事件について、甲に対しては保護処分(少年院送致)がな され、乙に対しては刑事裁判で執行猶予判決が下された。この場合、甲と乙に対す る処分はいずれが重いと考えるか。また、なぜそう考えるのか。  1 甲に対する保護処分..
  • 550 販売中 2008/01/21
  • 閲覧(3,709)
  • わが国における少年非行の特徴とその対策について述べなさい
  • 「わが国における少年非行の特徴とその対策について述べなさい。」  非行少年とは、刑罰法令に規定する罪を犯した少年または犯す恐れのある少年のことである。非行少年には、犯罪少年、触法少年、虞犯少年の種類がある。(少年警察活動規則第2条第5条)犯罪少年とは、罪を犯した少..
  • 550 販売中 2007/11/11
  • 閲覧(2,318)
  • 少年犯罪による保護者の責任とは
  • ここで取り上げる保護者とは、少年に対して法律上監護教育の義務ある者(親権者、未成年後見人)及び少年を現に監護する者を指しています(少年法2条2項)。このうち、前者の「少年に対して法律上監護教育の義務ある者」を法律上の保護者といい、「少年を現に監護する者」を事実上..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(1,460)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告