代表キーワード :: 人文・文学

資料:8件

  •   ヴェイユにおける他者論と愛
  • 序論 私は生まれたので、いつか死ぬ。私は、死ぬことを恐れている。しかし、いつも死ぬことを恐れてばかりして生きているのではない。死ぬまでに、幸せなことや楽しいことが多くあり、また死とは異なる苦しいことや辛いことも多くあり、死を意識することに集中していないからだ。..
  • 770 販売中 2006/07/15
  • 閲覧(623)
  • 玉鬘十帖と玉鬘
  • 序論  どのような物語にも、そこには作者の意図しているものがある。一つの物語につき作者は一人であるが、その物語を読む人の数は数え切れないであろう。そして、その読者一人一人による解釈というものがあり、それは必ずしも一致するとは限らない。よって、物語は作者の考えとは..
  • 1,100 販売中 2006/01/24
  • 閲覧(843)
  • 万葉人の恋の呪術 完成版
  • 序章  万葉集相聞歌の一角を築く特徴的な歌群に、呪術やまじないを詠みいれた歌がある。恋する男女にとって相手と離れることは悲しい。けれども、人目や母親などの関与があってそう簡単に逢えるわけのものでもないので苦しい。しかし、それも相思相愛の場合はまだいい。まだ見ぬ人..
  • 990 販売中 2005/12/22
  • 閲覧(1,400)
  • 光源氏になりえなかった式部卿宮
  • 一、はじめに  今井源衛氏の指摘するところに拠ると、宮の性格は日和見主義で「軽薄な事大主義者」  (一)として描かれている。また篠原昭二氏はそのような性格をさして、人のよい人柄が伺える、としている。(二)次に彼の容姿・教養を見ていくと、紅葉賀では、思わず源氏が好き..
  • 550 販売中 2005/12/03
  • 閲覧(1,085) コメント(1)
  • 万葉人の恋の呪術
  • 万葉集相聞歌の一角を築く特徴的な歌群に、まじないや呪術を詠みいれた歌がある。『万葉集』における歌は、特に恋の歌でいえば、相手に逢えない状態で、逢えるように願っているものがほとんどである。これは、歌には逢いたい人に逢えることを可能にする呪力あると考えられていたか..
  • 550 販売中 2005/12/02
  • 閲覧(1,163) コメント(1)
  • ジェネレーションギャップと社会
  • 「あなたは、ジェネレーションギャップを経験したことがありますか?」この質問に「いいえ」と答える人はほとんどいないだろう。現代、それほどジェネレーションギャップというものは経験して当たり前のことになっている。この論文では普段見過ごしがちなジェネレーションギャップ..
  • 550 販売中 2005/06/27
  • 閲覧(3,641) コメント(42)
  • 別土俵の「三四郎」と「青年」
  • 鴎外は尋常ではない。軍医総監という最高地位につき、その後も帝室博物館長などを勤め、さらには文学者としても恐るべき知名度と実力を誇って今もなおその名を馳せている。彼のような地位の人間が結婚をするには、勅裁、すなわち天皇の許可が必要だというのだから驚きだ。  しかし..
  • 550 販売中 2005/06/21
  • 閲覧(1,810) コメント(22)
  • 「三四郎」――漱石の警告――
  • 三四郎の冷めたともいえる客観的な視点には、読者に感想を押し付けない意図がある。無論それはライトノベルなどには見られない、空気を読ませる純文学的特徴であるのだろうがそれだけでは無いはずだ。近年の小説に見られるストーリー重視という傾向は、読者が物語の中に登場人物と..
  • 550 販売中 2005/06/21
  • 閲覧(1,362) コメント(21)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告