代表キーワード :: タンパク質

資料:8件

  • デンプンの定量
  • 実験目的 ソモギー変法を用いてきなこのデンプン量を算出する。 実験方法・原理 食品には可溶性の糖質(遊離の還元糖、ショ糖、ヘミセルロースなど)やタンパク質、脂質なども含まれており、これらはデンプンの定量の妨害となる。そこで、正確にデンプン量を求めるためには、試...
  • 550 販売中 2008/06/17
  • 閲覧(39,973)
  • タンパク質の定性と定量
  • 【目的】 定性実験からタンパク質の性質を理解し、定量実験から比色法の原理を理解する。 【操作・結果】 ~定性実験~ 卵白溶液2mlを試験管に取り、飽和硫酸アンモニウム液を加え、何mlで沈殿が生じるか調べた。 ( 2.2 )ml 2本の試験管に卵白溶液をそれぞれ2ml加え、1本の試験...
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(44,070)
  • タンパク質結合−限外ろ過法
  • タンパク質結合――限外ろ過法 目的 限外ろ過法によりタンパク質の結合能を測定し、薬物のタンパク結合とその変動要因、タンパク結合置換による薬物相互作用、タンパク結合と薬物の体内分布の関連、および薬物の体内分布が薬物体内動態と発現に果たす役割を理解する。 実験方法 今...
  • 550 販売中 2006/12/25
  • 閲覧(11,129)
  • 極限環境微生物の特殊能力の利用
  • 極限環境微生物は従来の微生物に見られない多彩な能力や生命戦略を有することから、新しい有用バイオマテリアルの分離源として注目されている。本稿では、火山付近などの高温土壌・熱水環境に生息する超好熱菌に注目し、 鹿児島県小宝島の硫気孔より分離された超好熱始原菌 Thermo...
  • 550 販売中 2005/12/21
  • 閲覧(5,969) コメント(1)
  • タンパク質について
  • 球状タンパク質(globular protein) ポリペプチド鎖はコンパクトな球状にしっかりと折りたたまれている。球状タンパク質は通常、水生の系に可溶で容易に拡散し、その大部分のものは運動性すなわち動的な機能を有する。 線維状タンパク質(fibrous protein) 水に不溶な長い糸の...
  • 550 販売中 2005/10/27
  • 閲覧(2,281)
  • ゲル濾過によるタンパク質の分離・精製
  • ◇考察 今回の実習で用いたPD-10カラムは通常はタンパク質溶液からの脱塩やバッファー交換に用いられるセファデックスG-25を小さなカラムに詰め込んだものである。分子量5000以上の物質と1000以下の低分子を分けられる。今回の実習ではタンパク質(フィブリノーゲン)と色素(ビタ...
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(4,470) コメント(2)
  • アミノ酸およびタンパク質について
  • タンパク質は細胞中に最も豊富に存在する有機分子である。それらは生体組織のあらゆる部分にみいだされ、生物学的に重要な化合物のうちでは最も多様な部類である。タンパク質はある一定の生物体の構造を本来の姿に保持しており、また、生命の機能を調節している酵素もタンパク質で...
  • 550 販売中 2005/07/18
  • 閲覧(2,839) コメント(1)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告