kansyaさん累積訪問者(41,502名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:15件

  • 製剤機械
  • ? ボールミル 湿式、乾式。ボールが円柱のポット内に入っている。ここに原料をいれゆっくり回転させるとボール同士がすり合い、原料がすりつぶされる。  ? 乾式造粒機 上下のロールで粉を圧縮する。ポテチのような塊になるので粉砕して不定形の顆粒ができる。乾式
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,966)
  • 最先端の抗体医療について
  • 最先端の抗体医療について 抗体は定常部の微妙な違いにより、IgG(80%)、IgM(10%)、IgA(10%) 、IgE、IgDの5つのクラスがある。  IgAは唾液や母乳に存在し、微生物の侵入を防ぐ。ただし血中のIgAには体内に侵入した抗原が血中やリンパ
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,968)
  • 弱電解質の解離平衡定数の決定
  • 各pHの資料溶液の調製 ?安息香酸約11mg(9.9〜12.1mg)を、ミクロスパーテルを用いて20mLビーカーに精密に量り、少量の蒸留水で溶かした後、ロートを用いて200mLメスフラスコに洗い込んだ。 ?これに蒸留水を加えて正確に200mLとした。(安息
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(2,171)
  • 注射剤の無菌試験
  • 4.無菌試験  目的 注射剤の無菌試験を行う。注射剤はメブランフィルタ−法で実施すべきであるが、これは供覧とし、実習は直接法で行なった。また、無菌試験用培地の各々の組成について理解する。  目的 変異原性は、細胞の遺伝物質(DNA)に損傷を引き起こ
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(2,794)
  • 染色法
  • 8.染色法  目的 細菌の形態を光学顕微鏡で観察するためには、無染色のままではコントラストが悪いので通常染色して観察する。細菌細胞は核酸に富むため塩基性色素でよく染まり、特にアニリン系色素がよく用いられる。また細菌の外部形態のみならず内部の構造を観察する
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(3,085)
  • 腸内細菌の検索
  • 6.腸内細菌の検索 目的 サルモネラ食中毒を疑う患者由来の便からサルモネラを分離し、同定する。 方法 1日目 ? 検体を1ループずつBTB乳糖寒天培地およびSS寒天培地に分離培養した。(特にSS寒天培地はぐラム陽性球菌等の発育を抑制する胆汁酸塩等が含
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(2,414)
  • 飲料水の細菌学的試験
  • 12、飲料水の細菌学的試験  1、 一般細菌数 目的 検水中に存在する一般細菌数を測定した。  方法 ? 滅菌チューブに検体(明治薬科大学の実習棟の前の池の水)を12〜13mL採取した。 ? 検水1mLを滅菌シャーレに入れた。ついで、あらかじめ
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(2,034)
  • 薬剤耐性(Rプラスミドの伝達)
  • 11.薬剤耐性(Rプラスミドの伝達) 目的 病原細菌の抗生物質に対する耐性の多くはRプラスミドにより引き起こされる。この実習ではRプラスミドにより多剤耐性遺伝子が伝達されるっことをin vitroで確認した。  3日目 ○抗生物質なしの培地から菌を移
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(3,450)
  • 薬剤感受性試験(MIC測定)
  • 目的 被検菌に対するストレプトマイシンのMICを測定する。  方法 1、 マイクロタイターウエルの各穴(10穴)にマイクロピペッターを用い、感受性測定用培地(CAMHB)を100μLずつ分注した。 2、 ピペットチップを換え、ピペッターで第1穴に抗生
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(4,264)
  • 弱電解質の解離平衡定数の決定
  • ?、酸塩基平衡、溶解度平衡 (1)弱電解質の解離平衡定数の決定 目的 カルボキシル基の解離に対する平衡定数を分光光度法により求める。得られた平衡定数を用いて、解離に伴う標準自由エネルギーの変化量を算出する。  [実験11-1]安息香酸(分子量:122
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(2,158)
  • 薬物治療学
  • 胸傷害の病理学の評価は、組織学の分析を確立し、かつ予後に影響を及ぼすと考えられる他の要因の存在か欠如を確認する役目をします。 これらの非組織学の予後の要因は、腫物抑圧者p53遺伝子に壊死、リンパ液管の侵入、核等級、ホルモン受容体ステー  タス、増殖のイン
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(932)
  • 希釈剤(倍散)の種類について
  • 散剤では調製後、服用期間中にその薬剤が湿潤液化したり、はなはなだしいときは変色して泥状となる場合がある。この場合、たとえ薬効に支障を生じない場合であっても、外観上の変化が著しいものであれば患者に不安を与えるから、これをそのまま調剤してはならない。その対策として..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(9,307)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?