資料:202件

  • 犯罪学;新たな犯罪学
  • 環境犯罪学は、犯罪の発生と空間に関する理論であり、犯罪はどのような状況で発生するかを考える(状況的犯罪予防)。 かかる環境犯罪学の実践的側面として3 つのポイントを挙げることができる。 1 つめに、犯罪を行うものに対していっそうの犯行努力を求めることである。例えば、..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,259)
  • 犯罪学:古典的犯罪学
  • 18世紀のベッカリーア、ベンサムらに代表される古典学派は、犯罪は個人の行為であって、その「行為」は人間の自由な意思によって選択されたものであると考える。しかし、この考えについては犯罪行動の説明というよりも刑事司法制度のあり方の提言であるという実証学派からの批判が..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(2,010) コメント(2)
  • 犯罪学の歴史
  • 犯罪学の関心のスタートは犯罪者に対する刑罰についてであった。すなわち、「何をしたか」ではなく、「誰がしたか」に関心が持たれたのである。そして、かかる犯罪者の処分をいかに行うかについて、犯罪者の境遇や性格などが研究された。 しかし、犯罪者への関心は1970年代アメリ..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,894)
  • 憲法;政教分離
  • 1 政教分離の原則とは、政治は宗教に干渉してはならないし、宗教も政治に関わってはいけない、つまり国家の非宗教性・宗教的中立性を定めたものである。 かかる政教分離の原則は、20 条1 項、20 条3 項、89 条で規定されている。 2 それでは、日本国憲法に政教分離の原則がもりこ..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(2,472)
  • 憲法;信教の自由
  • 1 信教の自由とは、a信仰の自由b宗教的行為の自由c宗教的結社の自由を意味する。 a信仰の自由とは、どのような宗教を信仰しようともよく、またいかなる宗教を信仰しなくともよいということである。 b宗教的行為の自由とは、宗教活動を自由にすることができるということである。..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(2,745)
  • 憲法;司法制度改革
  • 司法改革審の最終意見書には、司法制度改革の三つの柱がある。 一つ目に「国民の期待に応える司法制度の構築」である。これは、裁判の充実・迅速化、費用負担の軽減などに現れている。特に日本の現行の民事裁判は時間がかかりすぎるとされており、大きな問題となっている。ただ、..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(894)
  • 憲法;報道と人権
  • まず、この人権擁護法案が作られるきっかけとなったのは、1998年に国連規約人権委員会が日本政府に出した勧告であり、その勧告の中の人権擁護(救済・監視)機関に関わる課題として、国内人権救済機関の設置が挙げられたのである。 この法案の中でとりわけ問題になっているのは..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(934) 1
  • 憲法;平和的生存権
  • 平和主義原理の中核は「平和的生存権」であり、これは日本国憲法前文にある「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」という文言から導かれる。この中の「恐怖」というのは、この憲法が、第二次世界大戦の惨劇の..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,325) コメント(1)
  • 憲法:首相公選制の是非
  • 1 首相公選制とは、国民の直接投票によって首相を選ぶという制度である。 2 日本国憲法67 条1 項前段は、「内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する」と規定しているので、首相公選制は憲法改正によらなければ実現不可能である。 3 首相公選制のメリットと..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(2,898) コメント(1)
  • 憲法:在監者の人権
  • 1 在監者とは、受刑者のほか、刑事被告人や被疑者等で拘置所等に拘禁中の者をいう。 2(1)在監者は、集会結社の自由、新聞閲読の自由などの基本的人権に制限が加えられているが、その根拠について、いかに解すべきか。 (2)この点、特別権力関係によるとする見解があるが、特別権力..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(5,342)
  • 憲法;私人間効力
  • 1 憲法は、国家と私人との間を規定している(人権規定)。 2(1)それでは、かかる憲法の人権規定を私人間に適用することはできるのか。 (2)例えば、会社が社員を特定の思想を持つことを理由に解雇した場合、19 条に違反するとして、解雇の無効、損害賠償請求ができるのか(三菱樹脂事..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(3,536)
  • 憲法;二重の基準
  • (1)二重の基準論とは、人権を規制する法律の違憲審査に際して、経済的自由の規制立法に関して適用される合理性の基準は緩やかに、精神的自由の規制立法に関して適用される合理性の基準は厳しく審査することをいう。かかる基準を認める根拠は、議会と裁判所の制度的・機能的権 限分..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(3,124)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?