資料:58件

  • 法令違憲の効力
  • なお、最高裁判所裁判事務処理規則12条・14条は個別的効力説を前提にしているとされている。すなわち、同規則12条で、違憲の裁判をするには「8人以上の裁判官の意見が一致しなければならない」と定め、これを受けて同14条では、「第12条の裁判をしたときは、その要旨を官報に公告し..
  • 550 販売中 2005/07/01
  • 閲覧(890) コメント(9)
  • 請求権競合
  • 設問1 交通事故により意識不明のままA病院に搬送されたBは、当直医Cの医療過誤によって後遺症に苦しんでいるため、不法行為を理由として損害賠償を請求した。これに対し、AはCの過失によりBの主張どおりの障害が発生していることについて争わなかったが、過誤のときから3年が経過..
  • 550 販売中 2005/07/01
  • 閲覧(2,292) コメント(8)
  • 告示の法的性質
  • 告示とは、行政機関の意思決定または事実を不特定多数の者に公式に知らせるための1つの形式である。告示を発する権限が明文をもって規定されている者は、内閣総理大臣、各大臣や地方公共団体の長などである(内閣府設置法7条5号、国家行政組織法14条1項、地方自治法260条2項など)..
  • 550 販売中 2005/06/09
  • 閲覧(4,931) コメント(16)
  • 最判昭和48年6月21日第一小法廷判決−
  • 1 事案(最判昭和48年6月21日第一小法廷判決)  本件土地は、Aの所有名義で登記されていたが、その登記はYとAとの通謀虚偽表示によるものであった。Yの破産管財人は、それを理由に、Aに対して所有権移転登記手続を提起し、A欠席のまま口頭弁論が終結され、Y勝訴判決がなされて、..
  • 550 販売中 2005/06/09
  • 閲覧(2,225) コメント(9)
  • 不法行為
  • 東南アジアの甲国から就労目的ながら観光ビザでわが刻に入国したA女は、B社に雇われ、在留期間を超えた後も、同社の経営するキャバレーでホステスとして約2年間働いていた。日本人女性の平均賃金には及ばなかったものの、祖国甲国の男性の平均賃金の数倍を稼いでいた。深夜、仕事を..
  • 550 販売中 2005/06/09
  • 閲覧(1,248) コメント(14)
  • イラク派兵違憲訴訟について
  • 1、イラク派兵違憲訴訟の会が裁判所に求めているのは、派兵に関して違憲立法審査権の発動である。では、そのためにはどのように訴訟を提起すればよいのだろうか。 まず、司法権とは具体的な争訟事件について法を適用し宣言することによってこれを解決する国家作用である。そして..
  • 550 販売中 2005/06/09
  • 閲覧(1,064) コメント(12)
  • 最高裁平成8年9月27日第2小法廷判決
  • 連帯保証債務の物上保証人に対する抵当権の実行と主債務の消滅時効について 最高裁平成8年9月27日第2小法廷判決 1、事実の概要  住宅ローン融資を業とするXは、Aが販売するまたは仲介する不動産を購入する客とのあいだに住宅ローン取引を行ってきた。Aは、これらの客がXに対..
  • 550 販売中 2005/04/13
  • 閲覧(1,394) コメント(11)
  • 当座貸越取引の意義と特徴について
  • 銀行業務は預金業務と貸付業務に大別される。ここで、預金業務は銀行が預金者から信用を得て預金してもらうという意味から受信業務と、貸付業務は銀行が貸付先に対して信用を供与するという意味から与信業務と、それぞれ呼ばれている。この貸付業務あるいは与信業務を、銀行が貸付..
  • 550 販売中 2005/04/13
  • 閲覧(7,292) コメント(11)
  • 銀行の秘密保持義務について
  • 銀行の秘密保持義務とは文字通り、個人情報を外部に漏らすことなく保持し続ける義務を言う。ある銀行に勤務している社員がその銀行の内部情報を秘密にする義務ではなく、主体は銀行であり対象は個人のプライバシーに関するものである。ところでこの秘密保持義務を銀行に求める理由..
  • 550 販売中 2005/04/13
  • 閲覧(3,902) コメント(17)
  • 「犯罪学者のアメリカ通信」を読んで
  • 犯罪大国のアメリカ。世界中を武力で抑えつけようとしているアメリカ。アメリカと言えば、そのような悪いイメージが瞬時に思いつくけれども、私はその地で生活してみたいという強い希望を抱いている。それは、英語圏であるから、そして事実上実質的に世界一の国であるからである。..
  • 550 販売中 2005/04/13
  • 閲覧(1,546) コメント(22)
  • 「犯罪学の散歩道」を読んで
  • 「犯罪学の散歩道」という本の目次を開くと、無性に気になった題名が一つあった。それは確かに犯罪の一つの形態に過ぎないのだが、今の私にとっては最も注目してしまう題名であった。その題名は「少年少女向けポルノ・コミックについて考える」である。 つい先日、早稲田大学の大..
  • 550 販売中 2005/04/13
  • 閲覧(1,986) コメント(22)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?