icefield0313さん累積訪問者(133,634名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:61件

  • 国際私法・民訴論点..
  • 国際私法百選記載の論点について,暗記のため,文章化したもの。作者は新司法試験対策として作成した。値は高く設定させていただくが,それだけの価値はあると自負する。
  • 3,300 販売中 2010/05/02
  • 閲覧(2,236)
  • 家族法 離婚と財産分与
  • 次の問題について検討しなさい。 1 Bは、夫Aとの生活に耐えられないとして、何もいらないから離婚だけはしてくれと頼み、協議離婚をした。後に友達からのアドバイスもあり、Aに財産分与と慰謝料の請求をした。この請求は認められるか。Bが耐えられないとして理由がAのB
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,767)
  • 人工授精・代理母
  • 本文一部 1 Bは夫Cの承諾を得て、第三者提供の精子による人工授精を受けて、Aを出産した。AはCと似ていなかったために、Cはあまり愛情がわかなかった。このことが原因でB・Cは別居するにいたっている。この場合、CはAが自分の子ではないと争うことができるか。
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,720)
  • 共同被告人と自白・補強法則
  • 本文一部  甲と乙は、共同してX倉庫に侵入して商品を窃取したとの事実により起訴され、併合審理されている。  捜査段階において、甲は共同反抗の事実を否認していたが、乙は犯行を認めていたところ、公判においては、甲、乙ともに共同犯行を否認した。 1 他には証拠
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,727)
  • 百選87既判力の時的限界
  • 1 百選87 既判力の時的限界(2) 最高裁平成7年12月15日第2小法廷判決 民集49巻10号3051頁 2 判決要旨 「土地の賃借人が、賃貸人から提起された建物収去土地明渡請求訴訟の事実審口頭弁論終結時までに借地法4条2項所定の建物買取請求権を行使しな
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(2,598)
  • 日本法制史 江戸時代の離婚形式
  • 江戸時代の離婚は果たして夫専権離婚であったのか 1夫専権離婚とは、夫は妻の意思に関わらず一方的に離婚するができることをいう。 江戸時代での幕府法によると、庶民の夫婦が離婚する場合には離縁状を必要とされており、これを受理しないで再婚した妻は髪を剃って親元に帰
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(4,941)
  • 外国人が関わった場合の手続き
  • 刑事法総合演習?(刑事訴訟法) 1 司法警察員甲・乙は、日本語を理解できない外国人に対する覚せい剤取締法違反被疑事実の逮捕状を所持し、平成17年12月10日午後5時ごろA方に赴き、同所でAに上記逮捕状(翻訳文の添付なし)を提示して逮捕した。甲・乙は、上記逮捕
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,222)
  • 判決書
  • 平成17年(ワ)第170930号 貸金返還請求事件 口頭弁論終結日 平成18年1月10日  判     決 東京都千代田区神田神保町3丁目8番1号       原   告 甲 野  太 郎   原告訴訟代理人 ○ ○
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(3,952)
  • DNA鑑定書の証拠能力
  • 問題  被告人Xは、わいせつ目的誘拐および殺人の訴因で起訴されている。  平成17年12月某日、行方不明となっていた未修学女児(当時5歳)の死体が河川敷で発見された。付近に投棄されていた同児の半袖下着に精液が付着していた。司法警察員は、捜査を続ける中で、X
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,978)
  • 違法な先行手続とそれに基づく証拠物の証拠能力、証拠開示
  • 刑事法総合演習?(刑事訴訟法) 1 以下の事案について (1) 逮捕当日に採取された被告人の尿 (2) その尿についてされた鑑定書 (3) その鑑定書を疎明資料として発付された捜索差押許可状によって押収された覚せい剤 の証拠能力について述べよ。 事
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,190)
  • 文書概念、名義人承諾と私文書偽造罪
  • 参考判例  最高裁平成6年11月29日第三小法廷決定(刑集48巻7号453頁、86事件)  最高裁昭和56年4月8日第二小法廷決定(刑集35巻3号57頁、94事件) 説例  暴走族のAは、中学生のときから度々自動車を無免許で運転していたことから運転技術
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,670)
  • 違法排除法則・自白法則
  • 問題  X女は、平成17年11月10日午前8時30分、乙病院に駆け込み、同棲中のBが自宅で重傷を負っている旨告げ、その救護を求めた。病院関係者がB方に急行したが、Bはベッドの上で血まみれで倒れ既に死亡していた。  病院関係者の通報でB方に到着した甲警察署の
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,219)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?