extainさん累積訪問者(77,619名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:27件

  • アセトアニリドの純度決定
  • 1.目的 合成したアセトアニリドの純度の検定を目的とし、融点測定および紫外線吸収スペクトル測定の原理を考える 2.試薬 合成アニリド、純品アセトアニリド、グリセリン 3.器具 毛細管、ガスバーナー、はかり、温度計、ビーカー、石英セル、測定管、ひも、乳
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(11,625)
  • 味の官能検査
  • 1. 実験目的 官能検査の手法を理解し、自らの適性と検査に影響を及ぼす因子として温度を選び味応答を調べる  今回の実験では味の濃度差識別テスト、5味の識別テスト、食品の味の識別テストを行った。 そこで実験1の味の濃度差識別テストについて考察した。 2
  • 550 販売中 2005/07/25
  • 閲覧(11,253)
  • 亜硝酸ナトリウムの定量
  • 1. 目的 ハムやソーセージなどの食肉加工品中の亜硝酸イオンの定量を行う。 さらに既知濃度の亜硝酸ナトリウムを試料に加え、算出された定量値から本実験の添加回収率を検討する  .方法 1−2個の乳鉢に細かく切った試料約2.5gを入れた 2−一方の乳鉢
  • 550 販売中 2005/07/24
  • 閲覧(6,636)
  • バイオセンサー
  • 1. 原理 この実験で使用するグルコースセンサーはグルコースオキシターゼを固定化酵素膜と酵素電極により構成される。このセンサーをグルコースを含む試料溶液中に挿入すると、グルコースはグルコースオキシターゼの作用によってグルコノラクトンと過酸化水素に分解される。
  • 550 販売中 2005/07/27
  • 閲覧(5,740)
  • 練り製品の加工
  • 練り製品の加工  1. 練り製品とは 水産練り製品とは、かまぼこ、ちくわ、さつまあげなど魚肉に食塩を加えてすりつぶし、形成した後加熱して魚肉を独特の弾力のある製品としたものである。 特徴としては  1 魚の種類や大小を問わず広い範囲の魚を原料とし
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(4,288)
  • 官能基の検出
  • 官能基の検出法  1. 目的 7種類の未知の試料について官能基の検出を行い、各試料がどのような化合物であるかを推定する  2. 試料 Propioaldehyde Acetic acid ethyl ester Acetone Allyl
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(3,806)
  • 食中毒の事例の考察
  • 食中毒の事例の概要 現在、食品の安全性をおおびやかすさまざまな事件や事例が起こっている。 これらのものは主に集団で発生したり、感染人数が多いためマスコミに取り上げられ問題視されている。しかし、食中毒は必ずしも集団で起きるとは限らない。むしり個体数が少ない家
  • 550 販売中 2005/07/24
  • 閲覧(3,161)
  • バイオリアクター
  • 1 バイオリアクターとは バイオリアクターとは常温、常圧で特異性の高い反応を効率よくできる生体触媒の酵素を利用した反応器である。この技術を応用して従来製造しにくかった物質を生産する事が可能になった。また、バイオリアクターを利用して生産コストを下げることができ
  • 550 販売中 2005/07/24
  • 閲覧(3,013)
  • 糖の構造
  • ピラノース構造とフラノース構造 単糖類において、分子内でアルデヒド基とヒドロキシ基を持つため分子内でヘミアセタール結合を形成し環状構造をとる。 これは、五員環と六員環とがあり構造上安定している。 五員環をフラノース、六員環をピラノースという。 各単糖は
  • 550 販売中 2005/07/24
  • 閲覧(2,613)
  • 大腸がんについて
  • 大腸がんは、日本人に増加傾向が著しいがんである。年間の罹患数が1990年には6万人、1999年には9万人を超え、2015年ごろには胃がんを抜くと予測されている。また、大腸がんによる死亡は、男性では肺がん、肝臓がんに次いで3番目、女性では1番目に多くなると推定さ
  • 550 販売中 2005/07/29
  • 閲覧(2,309)
  • 幹細胞と再生医療
  • 1.細胞の分化 細胞は、初期胚における発生の由来から、外胚葉、中胚葉、内胚葉に分類される。外胚葉由来の細胞には、神経細胞や表皮細胞がある。内胚葉由来のものは、肝臓、膵臓、小腸の上皮細胞がある。中胚葉由来のものは骨、筋肉など結合組織のものがある。また、表皮は外
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(2,066)
  • エイズ治療薬としてのHIVプロテアーゼ阻害剤の開発について
  • 血液のガンといわれるエイズ(後天性免疫不全症候群)の病原ウイルスがHIV(ヒト免疫不全ウイルス)で、これは遺伝子としてRNAをもち、宿主に侵入して逆転写酵素によりRNAからDNAへと通常とは逆向きに遺伝情報を転写するレトロウイルスであることが明らかにされてきた
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(1,897)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?