資料:31件

  • イオン化エネルギーについて
  • どのような原子が陽イオンになりやすいのであろうか。原子の核外電子は、その軌道や配置の状態によって、軌道に束縛される強さが異なる。中性の原子から1個の電子を取り去るのに必要なエネルギーを第一イオン化エネルギーという。なお2個目の電子を取り去る場合を第二イオン化エ..
  • 540 販売中 2005/10/26
  • 閲覧(2,514)
  • けい光
  • ある物質が放射を吸収すると、一般的には吸収波長よりも長波長の放射が再放出される。けい光として知られているこの現象は、多くの無機物質や有機物質の分析に利用することができる。この分析法は感度が高いうえに特異的であるという長所があり、また生化学の分野で広く応用されて..
  • 540 販売中 2005/07/21
  • 閲覧(884)
  • コロイドのまとめ
  • 物質が微細な粒子となって、液体や気体などに混合分散している状態をコロイドといい、前者(微粒子)を分散相または分散質、後者(液体や気体)を分散媒という。 分散相の粒子の大きさは、およそ10−7〜10−9m程度の粒子で、これをコロイド粒子という。  〔コロイドの定..
  • 540 販売中 2005/07/21
  • 閲覧(1,553) コメント(1)
  • 赤外スペクトルについて
  • 異なる領域の電磁スペクトルの吸収によって、分子は異なる領域で励起する。例えば、赤外放射は、分子振動に伴うエネルギーに対応する。赤外分光器内におかれた試料が連続的に波長が変化する赤外放射にさらされると、入射光がある特定の分子振動のエネルギーに対応するとき、光りを..
  • 540 販売中 2005/07/18
  • 閲覧(2,584) コメント(1)
  • フェロモンについて
  • フェロモンは、ある生物によって分泌されると、同種の他の仲間から特別の応答を引き出す化合物である。すなわち、フェロモンは同種の間の通信用物質である。すべての動物が多かれ少なかれ、このようにしてフェロモンを利用しているという証拠がある。昆虫によって分泌される物質、..
  • 540 販売中 2005/07/18
  • 閲覧(1,082) コメント(1)
  • アミノ酸およびタンパク質について
  • タンパク質は細胞中に最も豊富に存在する有機分子である。それらは生体組織のあらゆる部分にみいだされ、生物学的に重要な化合物のうちでは最も多様な部類である。タンパク質はある一定の生物体の構造を本来の姿に保持しており、また、生命の機能を調節している酵素もタンパク質で..
  • 540 販売中 2005/07/18
  • 閲覧(1,507) コメント(1)
  • ブルーバックス 新・太陽電池を使いこなす
  • 近年、地球環境がクローグアップされている。フロンによるオゾン層の破壊、二酸化炭素などの増大による地球の温暖化、硫黄酸化物などによる酸性雨、砂漠化の進行などは、知られている。しかし、今、私たちのまわりにおこっている地球規模の環境問題は、従来のような局地的なもので..
  • 540 販売中 2005/07/03
  • 閲覧(629) コメント(1)
  • イオンチャンネルについて
  • 細胞膜内外の電位差、すなわち膜電位(membrane potential)は、細胞の内外の電荷分布によって決まる。電荷はK+,Cl-,Ca2+など小さな無機イオンがにない、神経細胞の膜を通って出入りする。ただし、これらの無機イオンが膜の脂質二重層を通過するには、膜の特別なタンパク質のチャン..
  • 540 販売中 2005/07/03
  • 閲覧(1,046)
  • NMRについて
  • 核磁気共鳴(NMR)nuclear magnetic resonance スペクトルは、有機化学者が用いうる構造決定手段のうちで、おそらく最も広く用いられている。分子内のある種の原子の磁気的性質を調べることによって、分子構造に関する情報が得られる。水素核(プロトン)を“見る”能力は、とくに..
  • 540 販売中 2005/07/03
  • 閲覧(2,130) コメント(1)
  • DMPGベシクル中のポルフィリンのキノンによる蛍光消光反応(卒業論文)
  • 植物は光合成で太陽光をエネルギーに変換して生命維持に必要なエネルギーを自ら得ており、その反応は葉緑体内部のチラコイド膜内で起こっている。まず、アンテナクロロフィルが光エネルギーを吸収し、反応中心クロロフィルへエネルギーを伝達する。次に反応中心クロロフィルからキ..
  • 540 販売中 2005/06/21
  • 閲覧(1,403)
  • 透過型電子顕微鏡(TEM)について
  • 透過型電子顕微鏡は、基本的には光学顕微鏡と同じような構造をしていて、光学顕微鏡の観察に用いる可視光の代わりに、タングステン・フィラメントを熱して得た熱電子に、電圧を加えて加速して得た電子線を用い、ガラスレンズの代わりに電磁コイル(電磁石)でできた電子レンズを用..
  • 540 販売中 2005/06/21
  • 閲覧(1,119)
  • フロンについて
  • 1928年、アメリカ、ゼネラルモータース社の技師、ミッジリーが電気冷蔵庫の冷媒として当時用いられていたアンモニアに代わって、もっと安全なガスを開発したことに始まる。1930年に開かれたアメリカ化学会で彼が発明した物質がいかに無害・無毒であるかを示すために、自ら胸一杯に..
  • 540 販売中 2005/06/20
  • 閲覧(679)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?