資料:16件

  • 固体酸化物形燃料電池について
  • 紹介 固体酸化物形燃料電池は、英語で「solid oxide fuel cell」と言い、略してSOFCと書きます電解質として酸化物イオン導電性固体電解質を使います。電解質を含め、その構成材料すべてが固体であり、900〜1000℃で動作するなどの特徴があります。この燃料電池は将来の電気事業用..
  • 550 販売中 2006/03/26
  • 閲覧(954) コメント(1)
  •   目的地までたどり着くには
  • 飛行機を運転するためには、まず操縦の方法を知らなければならない。しかし、それだけではうまく乗りこなすことはできない。自動車にも言えることだが、運転できるようになったからといって、実用的に車を使いこなせない。それは、どのようにしたら目的地に着くことができるかを考..
  • 550 販売中 2006/03/26
  • 閲覧(409)
  • 燃料電池の種類
  • 燃料電池と言っても色々な種類があります。作動温度や使用燃料の種類、用途などで分類できます。一般的に使用される電解質の種類によって、大きく5種類に分けることができます。それは、電解質により作動温度と使用燃料が決まり、用途も限定されるからで、名称もそれによってつけら..
  • 550 販売中 2006/03/24
  • 閲覧(1,085) コメント(1)
  • 「飛ぶ」とは
  • 飛ぶ」とは  飛行機の翼は、上にふくらんだ流線型の断面を持っています。飛行機が前進すると、空気は翼の前縁で上下に分かれて進みますが、上の方がふくらんでいるだけ距離が長いので、スピードが早くならなければなりません。スピードが速くなければありません。スピードが速く..
  • 550 販売中 2006/03/23
  • 閲覧(621)
  • 燃料電池の成り立ちとこれから
  • 歴史  19世紀初頭にイギリスのデービーが炭素電極の使用を考案し、19世紀の中頃になり、同じくイギリスのグローブが水素と酸素による電池の原理を発見したことから始まりました。  酸性水溶液に二つの電極を入れて電流を流し、水の電気分解の実験を行いました。その結果、政局に..
  • 550 販売中 2006/03/22
  • 閲覧(762) コメント(1)
  • 次世代の燃料
  • 近年、人間の増加と共に経済成長が急激に大きくなりました。そのため、エネルギー使用量が急速に増加しています。長い間、エネルギーとして使われていたのが石炭や石油、天然ガスでした。その中心は主に石油で、石油を利用した内燃機関が増えることにより、大気汚染問題、さらには..
  • 550 販売中 2006/03/22
  • 閲覧(1,052) コメント(1)
  • 自然エネルギー・環境動力概論
  • 流体機械  流体機械とは広義には流体を作動物質としたエネルギ変換機をいい、一般的に想像できるポンプ、水車をはじめとしてジェットエンジン、ロケットや自動車のエンジンなども含まれる。  一般的にエネルギは熱エネルギから流体エネルギに変換され、流体機械によって回転や往..
  • 550 販売中 2006/02/02
  • 閲覧(1,070) コメント(1)
  • 酸性度の異なる溶液のpH変化
  • 概要  酸には種類によって強酸、弱酸など呼ばれ方がある。この"強い"ということは"電離度が大きい"といことだが、基本的に強酸・強塩基は特に記述がない限り、電離度を1として考える。  塩酸のような強酸HAsは、水中では完全に解離して、As-とH+(水素イオン)を生じる。したが..
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(1,179)
  • 水素イオン濃度の測定
  • 概要  塩酸のような強酸HAsは、水中では完全に解離して、As-とH+(水素イオン)を生じる。したがってはじめの強酸の濃度cが、溶液中の[H+]に等しくなる。 HAs→H+As- 弱酸の場合 HAw⇔H++Aw- 開始時濃度 c  0 0        c   0 0 閉衡時濃度 0  c c        c-x  x x  これに対し..
  • 550 販売中 2006/01/14
  • 閲覧(1,357)
  • 定性分析
  • 概要  適当な試薬加えると、性質の類似した何種類かのイオンが同時に沈殿する。この性質を利用して5〜6種類の小さい群に分けることができる。これを陽イオンの分属という。書く俗に含まれるイオンは適当な沈殿試薬によって個々のイオンに分離され、それぞれの特性反応により検出確..
  • 550 販売中 2005/12/18
  • 閲覧(1,192) コメント(3)
  • 重量測定と誤差
  • 目的  重量測定を行い、計測の基本的な性質や目的について考える。またホールピペットではかりとった水の重量を数回繰り返して測定し、測定の精度を考察する。 方法 ? 適当な試料を選び計測する。時間をおいて誤解測定してみる。また、装置(ザルトリウス直示上天秤2255型、電子..
  • 550 販売中 2005/12/13
  • 閲覧(3,851) コメント(1)
  • 有機色素の水-有機溶媒間分配
  • 目的  ある物質の、水と油のように互いに完全には混じり合わない二種類の液体への溶解度の違いを利用すると、水中の物質を有機溶媒に抽出したりあるいは逆に、有機溶媒中の物質を水に移すことができる。この現象は物質を分離・生成するためにしばしば利用される。本実験では、色素..
  • 550 販売中 2005/12/13
  • 閲覧(2,930) コメント(1)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?