numi77さん累積訪問者(14,619名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:12件

  • 悪循環からの脱却法について
  • 最近の経済の在り方は、先行投資による規模拡大を目指したものや、作業の単純化による雇用の拡大を図ったものが注目されていました。また企業が高性能な機械化を導入する事や、販売の機会損失を発生させない新しい管理などが行われ、業務の効率化を狙うものが中心となりつつありま..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(996)
  • 業務内容の効率化について
  • 最近注目されているシェアードサービスというものは、グループ会社の間接的な部門人員を活用する事にあります。そして、競争力強化のためにそれらの人員を一箇所に集約して、コスト削減と業務の高効率化をはかるという目的が存在しています。このシェアードサービスを導入すること..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(1,139)
  • 製品に対する国際的な取り組みについて
  • 企業が近年、努力を費やしている課題の一つとして挙げられるのが国際標準化機構という民間の国際機関についての事柄です。この機関は、世界の標準化組織から構成される組織として知られています。組織は、国際的な非政府間機構として、全世界の標準となる工業規格や品質管理規格な..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(925)
  • グループ経営の定着について
  • 現在の経営において、企業という組織体をまとめていくのに欠かせないのが間接業務の存在です。この間接業務は、企業の規模が拡大するほど、人事や総務などの業務が増加していき、その内容も複雑になっていきます。最近増えている分社化や企業の合併といったような戦略的な経営の下..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(894)
  • 消費者と企業の関連について
  • 最近、新聞で取り上げられる事が多い話題ですが、現在の日本がデフレスパイラルの状況にあるかどうかについて、またその状況から脱したのかどうかについては、意見が異なっています。しかしながら、いずれにしても、このデフレスパイラルというものが、いまだ現実的な危険性を持っ..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(1,059)
  • 社会のマイナス的な衰退について
  • 現在の日本経済はデフレ的な状況ではあります。しかしながら、必ずしもデフレスパイラルには陥っていないという認識が一部ではなされています。このわけには、マイナス成長と物価下落の同時進行というリスクから完全に解放されているわけではないからだと考えられているからです。..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(850)
  • マネジメントシステムの考え方について
  • グローバルスタンダードと称される国際標準というものは、製品の品質や安全性などに関する国際的な規格の事を指しています。こういった規格が制定されるには、国際標準というものが、工業化社会の影響を受けて、製品が国境を超える交易の対象となったからだと考えられています。そ..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(762)
  • 環境問題に関わる規格化について
  • 近年話題となっている国際標準化について、今までは、互換性の確保というものが重要視されていました。またこのほかにも、国際貿易の円滑化という観点で捉えられることが多いという状況でした。しかしながら、近年、これらに加えて、技術を基盤として国際標準を獲得しようとする傾..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(914)
  • 雇用関連の問題点について
  • 企業の基盤を担ってくれる社員に、結果だけ求めていたのでは、社員というものは成長しないものだと考えられています。これは、期待通りの成果を上げるためには、それに見合った行動をしなければいけないという理屈を教えない事には、将来のための経験を積んでいるとはいえないから..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(943)
  • 近年の人事制度の変移について
  • 現状の日本の企業おいて、人事制度の基本的な考え方が経営の中核をになっていると考えられています。この考え方には、成果主義の人事制度と、育成型の人事制度が中心に進められています。そのなかでも、成果主義の人事制度というものは、成果による評価をしっかり行う事が重要とさ..
  • 550 販売中 2006/08/20
  • 閲覧(1,017)
  • 社員の意識改革について
  • 近年、重要視されているのは、企業が社会的な責任を果たすことです。それによって得られる消費者からの信頼が企業価値の重要性を高めています、なかでも法令を遵守することに、より注目の目が向けられています。それは、金融機関における不祥事の多発の影響があります。この事件は..
  • 550 販売中 2006/07/19
  • 閲覧(1,498)
  • 損害に対する備えについて
  • 近年、国内では企業の不祥事というものが続発しています。こうした事件というものは、企業が社内外の環境変化に適応できなくなっている状況を理由に挙げることが出来ます。また、その他の要因として、社内でのリスクに対する管理体制の不備に起因するものが多くなってきた事も挙げ..
  • 550 販売中 2006/07/19
  • 閲覧(764)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?