近年の人事制度の変移について

閲覧数996
ダウンロード数5
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    現状の日本の企業おいて、人事制度の基本的な考え方が経営の中核をになっていると考えられています。この考え方には、成果主義の人事制度と、育成型の人事制度が中心に進められています。そのなかでも、成果主義の人事制度というものは、成果による評価をしっかり行う事が重要とされています。
    その成果の結果を処遇に結びつけることで各人の成果に対する意識を高めるからです。また、その結果全体の成果を上げていこうという考えも含まれています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近年の人事制度の変移について
    現状の日本の企業おいて、人事制度の基本的な考え方が経営の中核をになっていると考えられています。この考え方には、成果主義の人事制度と、育成型の人事制度が中心に進められています。そのなかでも、成果主義の人事制度というものは、成果による評価をしっかり行う事が重要とされています。
    その成果の結果を処遇に結びつけることで各人の成果に対する意識を高めるからです。また、その結果全体の成果を上げていこうという考えも含まれています。このように、従業員の人事制度を抜本的に改める事が目的にあり、成果主義に基づく人事制度を新たに構築する事が、近年では注目を受けています。また、社員当人の能..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。