アルドール縮合によるジベンザルアセトンの合成

閲覧数21,332
ダウンロード数31
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    タグ

    代表キーワード

    アルドール縮合

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アルドール縮合によるジベンザルアセトンの合成

                                      
    1.目的

     ベンズアルデヒドとアセトンを用いて、アルドール縮合によりジベンザルアセトンを合成する。また、その過程を通してC-C形成反応と再結晶について学ぶとともに、有機合成実験全体を通して、融点測定法を習得する。
    2.方法

     教科書 Ⅳ-35~Ⅳ-37頁の手順に従って行った。
    3.等量関係

      ベンズアルデヒド  2.55 ml(0.025 mol) …2等量

      アセトン      0.919 ml(0.0125 mol)…1等量

      ジベンザルアセトン 理論収量2.93 g(0.0125mol)…1等量

      NaOH…反応条件を塩基性条件下にするため
    4.実験結果

     4-1.観察結果

      ベンズアルデヒドとアセトンの混合物は無色透明であったが、水酸化ナトリウム、水とエタノールの混合液に加えると黄色透明になり、やがて黄色に濁った。しばらく撹拌を続けると、黄色い粗結晶が析出し、溶液は濁った。その後再結晶の操作では、溶液の表面に小さな粒ができて表面近くを動...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。